ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

“ウコン×ヨーグルト”ウコンの美容効果に注目!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

“ウコン”といえば、二日酔いのお供というイメージが強いと思います。これは、“ウコン”が肝機能を高めてアルコールの分解を助ける効果があるということ。でも、“ウコン”は、女性のお肌にとっても強い味方になる成分なのです。その効果をもっと使わなければもったいないですよ。

“ウコン”が肝臓の働きを助けるシステムは?

ウコンの主成分はクルクミンです。クルクミンには肝臓から分泌される胆汁の分泌を活発にする働きがあることから、お酒を飲んだ後にはウコンが効果的と言われるのです。肝臓は人の体に入る毒素を分解するだけでなく、脂肪を燃焼させたり酵素を作る働きもある臓器。肝臓が活発になれば、お肌もツヤツヤ、ダイエットにも効果的というわけです。

“クルクミン”はポリフェノールの一種

ウコンに含まれているクルクミンは、実はポリフェノールの一種で高い抗酸化力を持っている成分なのです。だから、肝臓の働きをサポートするだけでなく、女性に嬉しい効果がいっぱい。お肌の保湿や毛穴などの肌トラブルの改善、口元の法令線もクルクミンの効果で改善できると言われています。もちろん、ウコンに含まれている成分はクルクミンだけではありません。血流を改善してお肌のくすみを取るフラボノイド、炎症を鎮めるベータエレメンなどのほか、カルシウムやカリウムも豊富なので、さまざまな肌トラブルの改善に役立つのです。

“ウコン”を簡単に摂取するには?

ウコンを摂取するには、二日酔いに効くウコンドリンクを飲むのが手っ取り早いのですが、カロリーや甘味料なども気になるところです。それならば、ウコンを粉末にしたターメリックを利用してはいかがでしょうか。カレーに入れる香辛料としてお馴染みのターメリックは、実はインドでは古くから薬として使われている植物。食べるだけでなく、パックとして肌に塗ることもあるのです。カレーに入れるだけでなく、ご飯に炊きこんで黄色いターメリックライスにしたり、肉料理に振りかけてもおいしいですよ。

ターメリックは手軽に使えて健康&美容効果の高いスパイスです。クルクミンを効率よく摂取するには、ヨーグルトを一緒に食べるのがおススメ。ヨーグルトに含まれる乳酸菌がクルクミンの吸収率をアップします。

writer:岩田かほり

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP