体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

子供と行く「学ぶ」旅、広島旅行で本物に触れる体験をしよう!

平和記念公園

世界遺産巡りなどを通して、子供の「学ぶ」旅にピッタリの広島。他にも、動物園や水族館で動物やお魚などの生き物のふしぎや、海軍の街である呉で船の技術に触れるなど、広島旅行は好奇心を刺激してくれるトピックが盛りだくさん!

また、瀬戸内海に面した広島ならではの海の幸を楽しめるグルメや、個性豊かなお土産なども充実しているので、大人も子供も大満足、間違いナシ!

楽しい思い出や満たされたお腹と共に、「学び」もしっかりと残る。そんな家族連れにぴったりな広島観光で、特におすすめしたいスポットを厳選してみました。

▶︎世界遺産でおべんきょう

嚴島神社(廿日市市)

きちんと神様にお参りして、大きな鳥居に大接近!

嚴島神社 近くで見るとこんなに大きいんだ!

参拝所要時間目安:約30分

世界文化遺産である嚴島神社。6時間おきに訪れる干潮満潮によって、全く見え方が変わる景色に子どももびっくり。入口の手水所と祓所で身を清めて、御本社まで、きっちり大人顔負けの作法で神様にお参りできたよ。

Q.この鳥居はどのくらい大きいの?

主柱の周囲は約10mと、大人の腕でも回りきらないほど。干潮の時を見計らって、傍まで行ってみよう! 嚴島神社 干潮時には鳥居下をくぐることができるよ。濡れないように長靴があると便利

Q.鳥居はどうして流されないの?

地面の中に埋まっているのではなく、樹齢約500年のクスの木の重みで立っているんだ。クスの木は重く、虫にも強いから選ばれているよ。 _0112_hiroshima2 満潮時の跡がくっきり!

子どもの背丈をゆうに超す

Q.どうして海の上にあるの?

島自体に神が宿ると考えられたため、遠浅の浜に建てられたそうだよ。回廊は水が抜けるよう工夫されているから、歩く時に床を見て。 _0112_hiroshima3 全長約300mの回廊。連続して並ぶ朱塗りの柱が鮮やか

Q.どんな神様がいるの?

市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)、田心姫命(たごりひめのみこと)、湍津姫命(たぎつひめのみこと)の三女神が、本社の最奥の本殿に祀られているよ。_0112_hiroshima4

参拝は二拝二拍手一拝で。しっかりお参りしよう 嚴島(いつくしま)神社

TEL/0829-44-2020

住所/廿日市市宮島町1-1

営業時間/6時30分~18時(季節により変動あり)

定休日/なし

料金/拝観料大人300円、高校生200円、小・中学生100円

アクセス/宮島桟橋より徒歩15分

駐車場/なし

「嚴島神社」の詳細はこちら

グルメをCheck!

みやじま食堂

_0112_hiroshima5 アナゴ飯から副菜、汁物まで名前の通りアナゴづくしの「穴子づくし定食」

宮島名物アナゴ飯やカキ飯を丁寧に仕上げた定食を味わって。人気料理研究家・藤井恵さん監修の地産野菜たっぷり定食もオススメ。 みやじま食堂

TEL/0829-44-0321

住所/廿日市市宮島町590-5

営業時間/11時~21時

定休日/不定

料金/穴子づくし定食2052円、宮島定食2700円など

アクセス/宮島桟橋より徒歩10分

駐車場/なし

「みやじま食堂」の詳細はこちら

お土産をCheck!

杓子の家

_0112_hiroshima6 文字のパターンはおおよそ120種類! 23_0112_hiroshima7 かわいい箸置き♪

「敵をメシとる」から縁起物である杓子を実用・プロ用から土産物まで幅広く取り扱うお店。一番人気の杓子ストラップは無料で名前入れサービスも! 杓子の家(しゃくしのいえ)

TEL/0829-44-0084

住所/廿日市市宮島町幸町東浜488

営業時間/9時〜17時30分

定休日/水曜日

料金/杓子ストラップ500円〜、しゃもじ型箸置き350円など

アクセス/宮島桟橋より徒歩10分

1 2 3 4 5次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。