体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【起業のきっかけは家庭危機】「園児見守りロボット」企画者が、迷走しながら見出した事業の着眼法とは?

保育園向け園児見守りロボット「MEEBO(ミーボ)」。自動撮影機能を備え、園児の様子を記録できるほか、園児の安心・安全を見守るさまざまな機能の追加が予定されている。

「MEEBO」を企画した土岐さんは、住友商事、コンサルティング会社を経て、2013年にユニファ株式会社を立ち上げた。同社は“家族”をテーマにした事業を展開しているが、そのきっかけは、なんと自身の家庭の「崩壊危機」だったという。

起業に至るまでの経緯、そして「MEEBO」が目指す未来などを伺った。

f:id:itorikoitoriko:20160325170354j:plain

ユニファ株式会社 代表取締役社長

土岐泰之さん

家族のことで悩み抜いた経験から、家族間コミュニケーションにつながる事業を発案

園児見守りロボット「MEEBO」は写真や動画の自動撮影機能を持ち、園児の様子を記録できるのが特徴。ダンスをしたり、歌ったり、クイズを出すなどして、園児と一緒に遊ぶことができるため、より自然な写真を撮影することができる。撮影画像は日々、同社が運営する写真メディアサービス「るくみー」にアップされ、家族で閲覧したり、購入することが可能だ。

そのほか、気象庁の危険情報発信サーバーと連携を取り、地震予報をアナウンスして園児に避難を促す機能も。ゆくゆくは、サーモカメラを搭載して園児の検温をするなど、「園児の安全・健康を見守るロボット」として活躍が期待されている。

保育業界の人手不足を補完するロボットとして注目を集めているが、そもそもは「家庭内コミュニケーションの希薄化を解消したい。日々アップされる子どもの写真が、家族を集め、家族同士の会話を盛り上げてくれれば」という思いで事業化に踏み切ったという。その背景には、自身が「家族」のことで悩み抜いた経験があった。

「家族のため」に、自身のキャリアを手放す決断をする

f:id:itorikoitoriko:20160325170355j:plain

土岐さんが新卒で入社したのは総合商社。ITベンチャー投資を行う部署に配属され、以来6年間、同部署で起業や経営のサポートを行ってきた。

「一緒にビジネスアイディアを練ったり、資金繰りに奔走したり…と、スタートアップ企業の“リアル”を体感しました。ビジネスコンセプトや想いに心から共感できる経営者にも、たくさん会うことができた。でも、残念ながらうまくいかない企業もあります。何とかしたかったのですが、入社数年目の若手にできることは限られており、忸怩たる思いでしたね。経営に関するノウハウを身に付け、的確なアドバイスができるようになりたいとの思いが膨らみ、6年で商社を退職、外資系コンサルティング会社に転職しました」

ちょうどその頃、学生時代から付き合っていた女性と結婚、子どもを授かる。妻は、愛知県豊田市の大手自動車メーカーに勤務、東京で暮らす土岐さんとは長年遠距離恋愛を続けてきた。妻は「出産後も働き続けたい」という意思を持っていたが、育児休暇中の1年間は東京に呼び寄せ、新たな生活をスタートさせたという。

プライベートだけでなく、新天地であるコンサルティング会社での仕事も順調だった。大企業の中に入り込み、新しい営業戦略を立てたり、複雑な業務改革を実行するなど力を発揮。入社わずか半年で昇進を果たし、将来を嘱望されていた。

しかし1年後、土岐さんはこのコンサルティング会社を退職する、という選択をする。

「一番の理由は、妻が職場復帰を強く望んだためです。以前から彼女のキャリアを応援していましたし、出産後に職場復帰することにも全く異論はないのですが、私の生活とキャリアの拠点は東京。育児休暇中に東京で1年間生活すればこちらでの暮らしに慣れ、勤務先を辞め東京で再就職してくれるのではないか…という思いが正直ありました。でも、妻の職場復帰への思いは私が想像していたよりもずっと強いものだったんです」

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会