体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

竹芝客船ターミナルの「べっこうずし」専門店と 本場・伊豆大島の郷土料理の味を食べくらべてみた (子連れライター小旅行記)

f:id:uralatokyo:20151211141525j:plain

みなさんは「べっこうずし」をご存じでしょうか?

「べっこう飴」とか「鼈甲メガネ」なら知ってるよ、という方も多いのでは?

かくいう私もまったく聞いたことがなかったのですが、伊豆諸島・小笠原諸島の玄関口である竹芝客船ターミナルに「べっこうずし」の専門店がオープンしたということで、お腹を空かせて足を運ばせてもらいました♪

f:id:uralatokyo:20151211143111j:plain

竹芝客船ターミナル内にNEWオープンしたレストラン「鼈甲鮨 BEKKOUZUSHI」。

案内してくれたのは、レストランを運営する東海汽船のマスコットガール・橘 みづほさん。

お美しゅうございます。

f:id:uralatokyo:20151211143156j:plain

店内には、船をイメージしたロープが張られたり、レトロ&オシャレな電球が吊るされたりと、シンプルながらもかなりこだわった内装。

椅子もフランスから取り寄せた特注品だとか。

f:id:hotpepper-gourmet:20160324201144j:plain

こちらは、家庭料理研究家でフードスタイリストの沙希穂波さん。

大変お美しゅうございます。

“世界中の美味しいものを食べ歩く旅”を経験し、現在は様々なレシピ開発に取り組んでいるという。

そんな沙希さんが企画した「島島弁当」がコチラ↓

f:id:uralatokyo:20151211143308j:plain f:id:uralatokyo:20151211143325j:plain

「べっこうずし」を小さな“船”に詰め込み、伊豆大島の自然塩とシソで煮た「塩こんにゃく」と爽やかな「レモン生姜(ガリ)」が添えられた、ルックスにも味にもこだわったお弁当です。(おまけのお菓子もついてきます!)

価格:700円

※同店で〈お持ち帰り専用〉として販売中。予約可

さて、お次はメインの「べっこうずし」!!

f:id:uralatokyo:20151211144125j:plain

うぉい!キタコレ♪

完全に予想のはるか上をゆく豪華さ☆

まるで料亭のフルコースみたいです。

「べっこう寿司+創作やさい惣菜5種」

これでお値段なんと1,000円!

ぶっちゃけ採算とれてるんですか…!?

まず惣菜の1つ1つがめちゃくちゃウマいので、細かいけど全部紹介しちゃいます!

f:id:uralatokyo:20151211144312j:plain

「かぼちゃのサラダ」

お寿司とのバランスを考えて添えられた一品。

食べた瞬間、かぼちゃの自然な甘みが口の中に広がります。

f:id:uralatokyo:20151211144347j:plain

「和風ラタトゥイユ」

フランス南部プロヴァンス地方の名物野菜煮込み料理。

ご存じの通り、日本でも女性に人気です。

こちらでは、いろいろなキノコを加え、和風の味付けをしているとのこと。

f:id:uralatokyo:20151211144439j:plain
1 2 3 4 5次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。