ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

XYZプリンティングジャパン、Androidで操縦できる自作ロボット「XYZrobot Bolide」を4月6日に発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

XYZ プリンティングジャパンは 3 月 28 日、Android をコントローラーにして操縦できる自作ロボット「XYZrobot Bolide」を 4 月 6 日に発売すると発表しました。XYZrobot Bolide は、18 個の関節を持つ 2 足歩行ロボットで、自分で組み立てたり 3D プリンタでオリジナルのパーツを作成して装着することも可能となっています。ロボットはジャイロスコープ、加速度センサー、距離センサー、Bluetooth 4.1 を搭載。PC 用に公開されるソフト「XYZrobot モーションエディター」でモーションを作成することのほか、無料で公開されるモーションデータを適用して動きをカスタマイズすることもできます。操縦は付属のリモコンのほか、Android アプリ「XYZrobot アプリ」でも可能です。ドローンのように Android スマートフォンをコントローラーにして XYZrobot Bolide ロボを操縦できます。XYZrobot Bolide は本日より 4 月 5 日までデアゴスティーニ・ジャパンを通して先行予約が行わます。価格は、ユーザーが組み立てる「組み立てキット」が税込 99,800 円で、組み立て済みの「完成品」が税込 118,000 円です。Source : XYZ プリンティングジャパン

■関連記事
スマートリンクス、ビーコンの動作を体験できる「Beacon入門」アプリを4月13日にリリース
Galaxy S7 edgeの動画サンプル、歩行しながらの撮影で手ブレはほぼ発生せず
KDDI、聴覚障害者向けの陸上スターターアプリをリリース

juggly.cn
カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP