ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大正創業の老舗洋食店

DATE:
  • ガジェット通信を≫

3月25日放送の「スーパーJチャンネル」(テレビ朝日系、午後15時50分~)では、細腕一つで切り盛りしてきた女性店主が営業している料理店を特集し、久冨慶子さんが「鳩家」(東京都墨田区)を訪れた。

同店は大正4年(1915年)に銀座で創業したという老舗の洋食店。墨田区に移転し、屋号を「鳩家」と改めたのは昭和25年、以来地元の人々に愛されてきたという。
席についた久冨慶子さんの前に運ばれてきたのはハンバーグ、エビフライ、ナポリタン、ポテトサラダなど、定番メニューを集めた「ハトヤランチ」。中でも屹立するエビフライは存在感たっぷりだ。
さっそくエビフライに箸をのばした久冨慶子さんは一口かじるや「うんっ!」と表情を崩し「衣が軽くてサクサクですね。エビの身がギュッとしてて弾力があって、エビの甘みをちゃんと感じるような…」と感嘆するようにコメントした。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:鳩家(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:押上のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:洋食・西洋料理のお店紹介
ぐるなび検索:押上×洋食・西洋料理のお店一覧
表面はカリッ!中はフワフワの「フレンチトースト」
驚くほど柔らかなカツをはさんだ「カツサンド」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP