ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新ハン・ソロにハリソン・フォードからのアドバイス?「やっちゃダメだ!」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

将来性のある若いハン・ソロよ、気をつけろ!
映画は2017年1月まで制作が始まらないとはいえ、ハリソン・フォードは既にハン・ソロの後継者に警鐘を鳴らした。「やっちゃダメだ!」と。

フォードは、4月5日(現地時間)に発売される映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のDVDのプロモーションのため、彼の最新作となる帰ってきた映画『インディ・ジョーンズ』シリーズの話を交えながら、複数のTV番組に登場した。

フォードは人気トーク番組の『The Ellen DeGeneres Show(原題)』(エレンの部屋)にサプライズ出演し、その役のオーディションやテスティングのため、ジャック・レイナーやマイルズ・テラーを含むたくさんの俳優がいることは喜ばしいと述べた。
しかし、彼はそうした候補者らにいくつかの見識を提供した(この先ネタバレ注意)。

「すべてがトントン拍子に進み、25年から30年は拘束される。やがて突然、彼らは君たちを放り出す! 『もう用はない。ありがとう』ってね」と彼は語った。

フォードは深夜番組にも出演し、5作目の『インディ・ジョーンズ』シリーズでは彼がいかに何もできなかったかをジミー・キンメルに言い、非常に見込みのありそうな詳細から話を始めた。

製作チームは最終的にフォードが好きなアイディアを思いついたかと聞かれると、彼は嬉しそうに「もちろん!」と答え、「台本はまだ読んでいないけどね。契約については話してるよ」と語った。

冗談はさておき、この73歳の俳優は彼のルーツに舞い戻り、そのアイコン的な監督であり『インディ・ジョーンズ』のベテランでもあるスティーヴン・スピルバーグと働くことに気分が高揚している。

「この役を演じることは実に楽しい。スティーヴンと共に働くことも本当に楽しい。私はこれを待ち望んでいたんだ」(フォード)。

『インディ・ジョーンズ』シリーズの初回作である映画『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』は1981年に公開され、シリーズ最新作の映画『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』は2008年に公開された。

『インディ・ジョーンズ』シリーズは、全世界で約20億ドルの興行収入を得ている。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP