ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

ソフトバンク、AXGP方式を採用した下り最大110Mbpsのデータ通信サービス「SoftBank 4G」を発表

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ソフトバンクモバイルは9月29日、同社2011年冬~2012年春モデルの新商品発表会で、下り最大110Mbpsという高速なデータ通信サービス「SoftBank 4G」を来年2月に開始すると発表しました。同日、ソフトバンクのグループ企業であるWireless City Planningが「AXGP」方式を採用した下り最大110Mbpsの次世代ネットワークサービスを11月1日より開始すると発表しました。ソフトバンクは「SofyBank 4G」サービスをWCPのMVNOとして提供します。AXGP方式は、WPCがウィルコムから引き継いだ2.5GHz帯の電波を使うXGP方式を発展させた通信方式で、時分割多重のTD-LTE方式と(孫氏がいうには)100%互換性があるとされています。このAXGP方式による次世代ネットワークサービスの通信速度はベストエフォート下り最大110Mbps/上り最大15Mbps。

サービスが開始される11月1日時点での対応エリアは東京、大阪、福岡の一部地域のみ。2011年末までには札幌市、さいたま市、千葉市、東京23区、横浜市、川崎市、名古屋市、京都市、神戸市、大阪市、福岡市、北九州市およびその周辺都市にエリアを拡大する予定とのこと。上図はソフトバンクモバイルが発表した「SoftBank 4G」に対応するモバイルルータ。ハードは下り最大76Mbpsの「SoftBank 4G」に対応するほか、下り最大42Mbpsの「ULTRA SPPED」(WCDMA)にも対応。マルチSSID対応で、最大10台までの無線LAN機器のルータとして利用できます。連続通信時間は5時間(バッテリー2個同梱なので10時間)。発売時期は2012年2月。Source : ソフトバンクWCP  


(juggly.cn)記事関連リンク
KDDI、WiMAX対応デュアルコアスマートフォン2機種「HTC Evo 3D ISW12HT」と「Motorola Photon ISW11M」を10月7日より発売
ソフトバンク、ワイヤレス充電に対応したAndroidスマートフォン「MEDIAS CH 101N」を発表、Bluetooth 4.0にも対応
ソフトバンク、スライドテンキー搭載防水・防塵対応Androidスマートフォン「AQUOS PHONE THE HYBRID 101SH」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。