体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ロボットがいる生活を先取り? ロボットとトークのコラボ番組『オムニボット ナイト!』が2ndシーズン突入!

ロボットがいる生活を先取り? ロボットとトークのコラボ番組『オムニボット ナイト!』が2ndシーズン突入!

タカラトミーの家庭向けロボットシリーズ『オムニボット』とトークをコラボした人気バラエティ番組『オムニボット ナイト!』が、昨年10月から文化放送のインターネットラジオ『超!A&G+』(毎週金曜日21:30~22:00)にて配信されている。

話題のゲストを迎え、『オムニボット』のPRユニットである“オムニボットガール”たちと『オムニボット』を使ってゲーム対決をするなどして、盛り上がりを見せている。

その『オムニボット ナイト!』がこの春、セカンドシーズンとして再スタートを切る。パーソナリティは、ミスターA&Gこと鷲崎健さんが引き続き担当。オムニボットガールには、おなじみとなっている岡村明奈さんと沢口けいこさんに、新メンバーとしてアイドルグループのprediaで活動する林弓束(はやし・ゆづか)さんとpaletの藤本結衣(ふじもと・ゆい)さんの2人が加わり、装いも新たにゲストを迎えていく。

『オムニボット ナイト!』は、これからどのような展開を見せ、どう進化していくのか。文化放送を訪れて、5人から話を聞いた。

omnibot2

まず鷲崎さんに、ここまでの『オムニボット ナイト!』の手応えを尋ねてみた。開口一番、「ゲストさんが『オムニボット』たちに興味を持ってくれています」との言葉が返ってきた。「女子のゲストがほとんどなのですが、まず、“『オムニボット』たちがカワイイ! 家にあったらいいな!”という気持ちのスタートラインがあります」とも。『オムニボット』の女の子への人気は高いようだ。

『オムニボット』の具体的な魅力について、鷲崎さんは、「ロボットって男の子受けのイメージがあったのですが、僕らが小さな頃に思っていたロボットのイメージとは違った、『オムニボット』のデザインがいいのかなと思います」と語ってくれた。

また「ロボットは、昭和の男の子が夢見たロボットとは違ったものに進化しているのだなと思いました。ロボットとコミュニケーションを取ること自体が遊びの一種になってきたといいますか、大げさにいうと、そういう時代になっているのだなと感じています。ロボットが家庭にいるのが当たり前というテーマそのものも面白いなと思います」と、すっかり、『オムニボット』の魅力の虜になっている様子だ。

omnibot3

鷲崎さんと長く番組を一緒にやっている岡村さんも、「最初はロボットと人間がラジオに出るということで、どうしたらいいのだろうと悩んだのですが、始まってみると違和感がありませんでした。ロボットも人間と同じように色々なことができ、ゲストさんにも楽しんで頂いています」と手応えを話してくれた。

そんな岡村さんに、セカンドシーズンでやってみたい企画を聞いてみると、「オムニボットガールが4人いるので、『オムニボット』たちと赤、白、青、黄色の4チームに分かれて、運動会をやりたいです。『メカノイド』では、旗揚げができましたので、玉入れとか、綱引きとかもできると思います」と目を輝かせた。

omnibot4

沢口さんは、『オムニボット』たちと触れ合う前は、ロボットと心を通わせるという発想を持っていなかったそうだ。「ロボットは無機質なものというイメージがありました。例えば、冷蔵庫や洗濯機のようなもの、というイメージです。そう思っていたのですが、『オムニボット』たちに実際に会ってみたら、心があるし、会話もできるし、一緒に遊べるし、ビックリしました!」と驚き顔で話してくれた。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。