ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【独占記事】人気作家ジョン・グリーンら原作の短編集『Let It Snow(原題)』の映画版の監督が決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫


新進気鋭の映画製作者ルーク・スネリンが、米国で人気のYA(ヤングアダルト)作家、ジョン・グリーン、モーリーン・ジョンソン、ローレン・マイラクルによる共著短編集『Let It Snow(原題)』の映画版の監督を務めることになった。

米ユニバーサル・ピクチャーズは、米FOXが2000年に公開して世界中でヒットを記録した映画『きっと、星のせいじゃない。』の成功に続いて、2014年に同アンソロジー・シリーズの権利を獲得した。2015年7月、米FOXは収益を調整するために映画『ペーパータウン』を2015年夏に公開し、米パラマウント・ピクチャーズは、映画『Looking for Alaska(原題)』を現在開発中だ。これらの2作品は、共にグリーンによる原作の小説をもとにしている。

クリスマスイブの日を舞台にした映画『Let It Snow(原題)』は、グリーン、ジョンソン(『13 Little Blue Envelopes(原題)』)、マイラクル(『 Internet Girls(原題)』)の3つの予期せぬロマンスの物語がそれぞれ微妙に交差し、ストーリーが展開していく。

『きっと、星のせいじゃない。』の脚本を手掛けたスコット・ノイスタッターと、マイケル・H・ウェバーが、ケイ・キャノンによるオリジナルの脚本原案をもとに、同作の脚本を改訂した。

スコット・ステューバーとディラン・クラークが、米ユニバーサルに拠点を置くブルーグラス・フィルムスにプロデューサーとして参加する。米ユニバーサルの製作部門上級副社長であるクリスティン・ロウと、開発監督のクロエ・イェリンが、同スタジオのプロジェクトの管理をおこなう。アレクサ・ファイゲンが、ブルーグラス・フィルムスを管理する。

『Let It Snow(原題)』は、スネリン監督の長編映画デビュー作となる。スネリン監督は、英国のテレビシリーズ『Fried(原題)』や『マイ・マッド・ファット・ダイアリー』、『The Job Lot(原題)』、『Banana(原題)』のエピソードの監督を務め、過去に多くの短編作品を手掛けた。また、2009年に彼が監督と脚本を手掛けた短編作品『Mixtape(原題)』は、英国アカデミー賞(BAFTA)にノミネートされた。

スネリン監督は、CAA(クリエイティヴ・アーティスツ・エージェンシー)、カーティス・ブラウン・グループ、オアシス・メディア・グループと代理人契約を結んでいる。

ノイスタッターとウェバーは、映画の『(500)日のサマー』や映画『The Spectacular Now(原題)』、グリーンの原作をもとにした『きっと、星のせいじゃない。』、『ペーパータウン』の脚本を手掛けたことで最もよく知られている。ノイスタッターとウェバーは、CAA(クリエイティヴ・アーティスツ・エージェンシー)、カプラン/ペローネ・エンターテイメント、弁護士のショーン・マークスと代理人契約を結んでいる。

キャノンは、全世界で4億ドルを超える興行総収入を記録した大ヒット映画『ピッチ・パーフェクト』の脚本を手掛けた。キャノンは、WME(ウィリアム・モリス・エンデヴァー・エンターテイメント)と代理人契約を結んでいる。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP