ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ホステス必携の心得帖【4】 座持ちのテクニック

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 色気は売っても心までは売ってはいけない──こんな133の警句が並ぶ冊子が話題だ。大阪・北新地社交料飲協会の初代理事長(故人)が1980年に作った「ホステス心得帖」は昨年11月に再出版され、版を重ねている。男が読んでもためになる「お水の教科書」から、「座持ちのテクニック」の章を紹介しよう。(全10回)

(1)座の白けは、ホステスの責任。ホステスは人形やアクセサリーではない。ホステスは、お客様が遊んでくださるからといって、甘えてはいけない。遊んでくださるなら、お客様にサービス料を払わねばならぬ。ホステスの遊ばせ方がヘタなので、逆に遊んでくださるサービス精神の旺盛なお客様も出てくるのだ。遊んでもらうのは、ホステスの恥だと思うこと。

(2)お客様の話の聞き手に回ろう。聞いている証拠に、積極的に相槌を打て。お客様の顔を見て話を聞くこと。脇見は禁物。お客様は落ち着けない。

(3)他のお客様の悪口や陰口を言うな。聞いたお客様は、自分も言われると必ず思う。

(4)もっともダメなホステスは、お客様の話の腰を折って、尋ねられもしないのに自分の事ばかり、トウトウと喋りまくるホステスである。雄弁なホステスより、寡黙にして、真剣に話を聞いてくれるホステスをお客様は好む。お客様の話は、顔を正面に向けて聞くのが良い。

(5)貴女自身の事は、訊かれるまで言うな。特に愚痴話は厳禁。

(6)席を立って帰られるお客様に「ああ楽しかった、もう一度近いうちに来よう」と思わせて一人前。ホステスは、お客様を機嫌よく帰す責任がある。

(7)お客様の存在を無視して、勝手なことをしないこと。例えばホステス同士で、内輪の話をしないこと。

(8)お客様が「また来ようか」と思われるのは最後の5分間が勝負。席でどんなにふざけても、お見送りの時はケジメをつけて、キチンと丁寧に挨拶すること。お客様が振り返った時、「また来よう」と思わせる殺し文句が言えて一人前。

(9)自分のセールスポイントは何か、よく心得ておくこと。何もなければ月給泥棒である。

※週刊ポスト2016年4月8日号

【関連記事】
ホステス必携の心得帖【3】 飲み方と飲ませ方
ホステス必携の心得帖【2】 お客様との対応
銀座のママ枕営業判決 ベテランママが枕営業の実態を語る

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP