ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NYの最新アートはこれ!?絵画を描く“ワンコ画伯”がすごい!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「週末はイラストや絵を描くのが趣味」なんて人もいると思いますが、ワンコが絵を描いたら驚きですよね☆

これからご紹介するニューヨーク在住のラブラドール犬、Daggerくんは、絵画をたしなむ珍しいワンコなんです。

飼い主の真似をして絵画をスタート!?

飼い主のYvonneさんは、もともと絵画が趣味。

ある日キャンバスに向かっていたところ、それを見ていたDaggerくんが鼻でつんつんして何かを伝えようとしてきたそう。

Yvonneさんが「絵を描きたいの?」と聞くと、Daggerくんはしっぽを大きく振り、そこから画伯への道が始まりました。

 

ドッグ・ヴィンチ”としてNYで人気に

Yvonneさんは、Daggerくんが楽に絵を描けるよう、キャンバスの高さなど工夫をし、ワンコの芸術がスタート。

動画を観ると、飼い主さんの様子を見ながら芸をこなしている(?)ようにも見えますが、できあがった作品はなかなか本格的です。
Daggerくんはレオナルド・ダ・ヴィンチから名をもらって「DogVinci(ドッグ・ヴィンチ)」と呼ばれ、ニューヨークで話題になっています。

絵の販売で得たお金は全額寄付

しかも絵は、1枚50ドルから200ドル(約5600円から2万2000円)で売れているんです。

そしてそのお金は、盲導犬協会に全額寄付!趣味が人の役にも立つって、すごいことですよね。

DaggerくんとYvonneさんは、ほぼ毎日絵を描いており、もともと盲導犬やセラピードッグとしての訓練を受けてきたDaggerくんは、絵を描きながらずっとしっぽを振っているんだそう。

楽しそうなDaggerくんの様子をもっと見たい方は、Facebookをチェックしてみて!

Dagger ll aka DogVinci
https://www.facebook.com/DaggerCanineArtist/

・犬(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP