ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

男性美容師が5回巻きにチャレンジ!セルフで可愛く仕上げるコツ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

31歳オトコの美容師が、セルフの5回巻きにチャレンジしてみた♪

普段はプロとして現場に立つ美容師目線でコラムを執筆させていただいている松井です。
31歳、妻子持ち。美容師をしていることと、嫁と娘以外で特に自慢できることもない、しがないおっさんが、やってみました5回巻き♪

実はこれ、僕が実際に美容室に来てくださるゲスト様に一番多くお伝えしているんではないだろうかという、カールアイロンでのスタイリング。
「次の日からスタイリングが楽しくなりました」「意外と簡単にできていい感じです」など嬉しいお声を多く頂戴します。
そんな中、「自分ではなかなか…」なんてお声も正直少なくありません。
そこで、僕もゲスト様の気持ちを体験してみようとチャレンジしてみました♪

 

5回巻きのキレイなやり方と、セルフでの注意点

手順と、実際にやってみて感じた注意するポイントも一緒に、順を追ってお伝えしていきます。
①後ろで髪を大きく左右に2つに分けます。
※この時巻かないほうの髪は耳にかけると良いです。
②左右どちらも、胸の前で毛先から巻きます。
※短い人はあごを上げたりして、襟足の髪がちゃんと巻けるようにしてください。

 

③次にそのまま頭のてっぺんくらいの高さ&体の前の位置に集めて毛先から巻きます。左右どちらもやります。
※この時、襟足や耳後ろの髪が届かないので落ちてしまうと思いますが、②のときに毛先に十分カールもついているはずなので気にせず置いておいてください。
④分け目を中心にトップの髪をなるべく頭のてっぺんより上&できるだけ体より前に集めて、中間くらいから毛先までしっかり頭の後ろに向かって巻きます。
※あごを引くなどして、巻くポジションがあまりしんどくならないように工夫しましょう。

 

セルフで簡単に巻くコツは、巻きやすいポジショニング!

⑤ブラッシング&フィニッシュ
大き目のブラシでやわらかくほぐして、お好みでスタイリング剤をつけてみましょう。
※多少カールが大きくなりますが、しっかり毛先までほぐすことで柔らさが出ます。

いかがでしょう?
モデルがおっさんなのでイメージしにくいかもしれませんが、ぜひご参考までに♪

基本的にゲスト様には、下を向いたり横を向いたりとお伝えして、アイロンが巻きやすいポジションに髪を持っていきましょうと伝えています。

ぜひ皆様も楽なところで工夫して巻いてもらうと、きっと意外と簡単にアイロンスタイリングが楽しめるはず♪

また、ミックスや他の巻き方や、他のアイテムを使ったセルフスタイリングをお伝えしたいと思っています。お楽しみに~♪

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP