体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

わざわざ行きたい!ご当地グルメ満載♪福岡の人気道の駅5選

太良 牡蠣ちゃんぽん

新鮮な食材にコスパ抜群のご当地グルメ…とみんなが大好きな道の駅!

そんな道の駅を愛する5人の達人が、「福岡で道の駅に行くならここ!」という5スポットを、食材やご当地メニューなど様々なジャンルで検証し、厳選してみました。

道の駅の代名詞ともいえる地元産の野菜や、ドライブ中のおやつにしたいテイクアウトグルメ…。

お出かけの途中に立ち寄るもよし、道の駅を目的にわざわざ足を運ぶもよし!

春のドライブプランに、ぜひ参考にしてみてください♪

1.道の駅 うきは【うきは】

陳列は先着&くじ引き!出荷競争も鮮度に反映。

うきは てづくりポップ

店内には野菜に精通したスタッフによるお役立ちポップが満載

うきは スタッフ 約550人の契約農家と、食育ソムリエの資格を持つスタッフがうきは野菜をアピール うきは 展望テラス 物産館の裏には開放的な展望テラスもあり

物産館の半分を鮮やかな野菜いっぱいのコンテナが埋め尽くす。しかも野菜別ではなく、バラバラの陳列。実は出荷の先着&くじ引きで、農家さんが好きな場所に自分の野菜を入れたコンテナを配置。より目立つ場所の為に早く出荷、場所がないなら野菜の種類、その見せ方でアピール。そんな農家間の競い合いが野菜の質や鮮度、さらに品揃えに反映。

達人のお墨つき!

フルーツの里だけあり、新鮮野菜の他に果物類も充実。食育ソムリエが5人いるのもすごい!

(「道の駅ブロガー」吉田さん)

ココもすごい!

スタッフの5人が食育ソムリエ!

素材の調理法や保存法をアドバイスしてくれる。食の検定にも3人合格!

3月のおすすめ野菜はコチラ

●新じゃが

皮が薄い春の新じゃが。皮付きのまま煮たり揚げたりして食べよう!

●春キャベツ

店内で販売する千年豚のミンチも使ってロールキャベツはいかが?

●たけのこ

3月下旬から販売。掘りたてのほか、ゆでたけのこや惣菜も用意。

濃厚ミルクソフトに季節の味をミックス。

うきは ミルクソフト 写真は「かぼす柿ソフト」。手搾りのかぼす果汁と柿ピューレがミックス

地元の松野牧場の新鮮な牛乳と季節の食材を使用したソフト。柿、かぼす、あまおう、ピオーネ、新茶など、季節ごとに種類が変わるのが特徴。2月中旬~5月頃まではあまおう。常時、ミルク・季節ごとのフルーツ、ミックスの3種類を販売。

達人のお墨つき!

季節の果物を手作業でピューレにするなどスタッフの愛情がたっぷり。季節毎に楽しみ。

(「じゃらんライター」山田陽子さん) 道の駅 うきは

農産物の他、惣菜類も充実。観光案内所ではロボットのPepperくんがうきはの観光情報を案内。

TEL/0943-74-3939

住所/福岡県うきは市浮羽町山北729-2

営業時間/直売所:9時~18時、レストラン:10時~17時

定休日/第2火(祝日の場合は翌日)

「道の駅 うきは」の詳細はこちら

2.道の駅 歓遊舎 ひこさん【田川】

目印は「金ノ原野菜」シール!赤土育ちの濃厚野菜に注目。

ひこさん 売り場

4月には館内リニューアルで売場面積が1.4倍に!

ひこさん 支配人 「野菜はもちろん、物産館のものは全て添田町産です」と陣矢支配人

霊峰・英彦山の麓に広がる自然いっぱいの添田町。特産である農産物の中でも、町の西側に広がる「金ノ原(きんのばる)台地」産の野菜が大評判。粒子が細かくやわらかな赤土が野菜のすみずみまで栄養を行きわたらせ、見た目も鮮やかで高い糖度の逸品を育む。大根、人参、ゴボウなどの根菜類はもちろん、赤土育ちの葉物やトマトもガツンと濃い味!

達人のお墨つき!

ここに来た日の晩ご飯は、金ノ原台地産の根菜、+手作りこんにゃく入りの具だくさん味噌汁!

(「じゃらんライター」山田誠さん)

土だけじゃない!

おいしい野菜を育む山の清流

1000円以上の買物または食事利用で、山霊の水(2ℓ)も汲めるよ。

3月のおすすめ野菜はコチラ

●原木しいたけ

しいたけも添田町の特産。生はもちろん、肉厚な干しシイタケも。

●春キャベツ

「金ノ原台地」産ならではの甘みたっぷり、葉もやわらか~い。

●ほうれんそう

甘みと歯触り、栄養満点!館内の濃厚豆腐と作る白和えもおすすめ。

他にもいろいろ!

1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。