ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

本物にしか見えない!?陶器の花々が繊細で美しい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

鉢やアンティークの器に生けられた、バラやアジサイ、スズラン、ヒヤシンスの花々。

その繊細な美しさに見惚れそうになりますが、実は生花をリアルに再現した造花。それも、陶器でできているんです!

・蝶も見紛う再現力☆

 

これらの作品を手がけたのは、アーティストのVladimir Kanevskyさん。

花びらは陶器、枝と葉っぱは銅でできているのだとか。

いきいきと枝葉を伸ばし、花を咲かせているVladimirさんの作品は、虫食いの葉までリアルに造りこまれていて、本物とみまがうほど。

蝶たちが間違えて寄ってきてしまいそうです!

・儚さまでもリアルに再現

クオリティの高さはもとより、花の持つ儚ささえも表現されている点に驚かされます。

いつまでも枯れることなく咲き続ける陶器の花々。

ぜひ間近で見てみたいものですね☆

Vladimir Kanevsky
http://www.thevladimircollection.com/

・アート(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP