ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

打倒『報ステ』狙うNHK「七人の女侍」はポスト有働の試金石

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 フジテレビの加藤綾子アナ(30)が4月末で退社し今後はフリーとして活動する。今回の改編は女子アナたちにとって「大人事異動」となりそうだ。近年、女子アナの存在感が低下し、それに伴うかのように視聴率も下降気味のテレビ朝日では、「屋台骨」ともいえる番組でキャスター交代が控える。

『報道ステーション』に12年間「君臨」した古舘伊知郎(61)が降板し、同局の富川悠太アナ(39)が後任を務めるが「ポスト古舘」の大役が務まるかは不透明だ。サブキャスターの席には変わらず小川彩佳アナ(31)が座る予定だ。

「夕方の『スーパーJチャンネル』で力を付けた竹内由恵アナ(30)、かつてスポーツ担当で報ステのアイドルだった宇賀なつみアナ(29)のエース候補2人の抜擢も噂されたが、どちらも『ニュースステーション』時代に小宮悦子や渡辺真理が座った“女王”の席に就くことができなかった」(テレ朝関係者)

 不安の残る『報ステ』を打倒すべく、NHKが送り込むのが「七人の女侍」だ。

 NHKは4月スタートの報道新番組『クローズアップ現代+』のキャスターに7人の女子アナを日替わりで起用する。月~木の放送で、時間は夜10時から。報ステと“モロかぶり”だ。

 注目のメンバーは、報道番組『ニュースウオッチ9』を卒業後、京都放送局に異動した際に「あさひロス」という言葉まで生んだ井上あさひアナ(34)や男性ファンの多い杉浦友紀アナ(32)、人気番組『ブラタモリ』のアシスタントが好評だった久保田祐佳アナ(33)。それに松村正代アナ(34)、小郷知子アナ(37)、鎌倉千秋アナ(37)、伊東敏恵アナ(43)を加えた7人だ。NHK関係者がいう。

「ライバルはもちろん『報ステ』です。ですが彼女たちはむしろ視聴率が比較されることで『この中で、誰が一番人気なのか』を互いに意識し合うでしょうね」

 この「七人の女侍」を誰よりも意識しているのは、紅白の司会から大河のナレーションまでこなす「不動の女王」有働由美子アナ(47)かもしれない。7人の争いは、“ポスト有働”をめぐる試金石ともいえる。

※週刊ポスト2016年4月8日号

【関連記事】
テレ朝新人久冨アナ 次に報ステ・古舘伊知郎の隣に座ると噂
テレ朝イチの酒豪・宇賀アナ 朝の番組に異動で飲む機会消滅
顎関節症から復帰の日テレ宮崎アナ 妙なところで評価あがる

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。