体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

イラストレーター岸田メル インタビュー前編「家族も友達も信用できず、アニメやゲームだけが救いだった」

kmo0082_1

人生の多くの時間を費やす「仕事」において、自分の「好き」を見つけ、その「好き」を行動に起こしていくことで、人生をより豊かなものにできるのだと思います。

その好きを見つける応援をするため、学生生活がもっと楽しくなるお役立ちマガジン「From Aしよ!!」では、さまざまな「働くヒト」に光を当て、その過去から今、そして未来についてうかがい、働く楽しさ、働く意義をお届けしていきます。

本連載の第4回目に登場するのは、イラストレーターの岸田メル先生。ゲーム『ロロナのアトリエ』以降シリーズ3作のキャラクターデザインを手がけたほか、テレビアニメ『ソ・ラ・ノ・ヲ・ト』や『花咲くいろは』ではキャラクター原案を担当。繊細で空気感のある美少女のイラストに定評があり、「美少女を描かせたらメル先生の右に出る者はいない」とさえ言われるほど人気のイラストレーター。

一方で、謎のお面で両手に剣をかざしたり、金粉塗れになったコスプレ画像を自らネット上に公開。ご自身の作品以上に、「岸田メルという(変わったことをする)イラストレーター」として、ネット上で最も知名度が高いイラストレーターの一人でもあります。

インタビューの前編では、かつては「メチャクチャ適当な人間だった」という岸田メル先生の来歴を中心に、後半ではその続きやイラストレーターとしての指南も飛び出しています。また、岸田メル先生に憧れて、岸田メル先生が関わるアイドルグループ・虹のコンキスタドールに加入したという現役中学生の大塚望由(おおつかみゆ)さんも登場。

岸田メル先生がアルバイトからどんな教訓を学び、また何を考えて「イラストレーター」という枠組みに留まらない活動領域を広げ続けているのか。それは、これから仕事をする、あるいは今仕事を頑張っている人に、示唆を与えるお話でした。

コスプレ写真がきっかけで、イラストに留まらないジャンルで仕事をするようになった

kmo0033_1

——まず、岸田メル先生の現在のお仕事について教えてください。

岸田メル(以下、メル) いろんなジャンルがあるイラストレーターの中でも、アニメやゲーム、ライトノベルといった、いわゆるオタク系ジャンルで可愛らしい女の子のイラストを描いている、というのがメインの仕事です。偉そうな印象がして苦手な言葉なんですが、最近だと「絵師」という肩書がわかりやすいかもしれないです。

——イラストレーターとしての活躍だけでなく、バラエティ番組『いらこん』のサブパーソナリティや、アイドルグループ・虹のコンキスタドール(以下「虹コン」)への協力など、さまざまな分野でも活躍されてらっしゃいますね。

メル ここ最近の3~4年くらいで、ゲームのPRイベントやトークライブなどで人前に出てしゃべったり、アイドルに関わらせていただいたり、ちょっと違ったことをやるようになってきました。

2011年に悪ふざけでTwitterにコスプレ写真をアップしたのがきっかけで、「こいつ、変なやつだぞ!」というのが広まった結果、さまざまな場に呼んでもらえるようになりました(笑)。岸田メルさんのTwitterアカウントより岸田メルさんのTwitterアカウントより

それと、30歳を過ぎてからアイドル文化が好きになったんですが、最近は『ラブライブ!』や『IDOLM@STER』といった二次元のアイドルと、三次元のアイドル、両方が好きな人も増えたので、三次元のアイドル業界の人からも「一緒に何かやりましょう」と言ってもらえる機会が増えました。虹コンは、イラストSNS「pixiv」発のアイドルということで、僕がイラストレーターでアイドルに興味があるから呼んでもらったんだと思います。

家族も友達も信用できず、ゲームやアニメだけが救いだった中学時代

kmo0016_1

——メル先生は現在も名古屋在住ということですが、どのような幼少期だったのでしょうか?

メル 名古屋生まれの名古屋育ちで、粘土遊びや工作、お絵かきが比較的好きな子どもでした。アニメも観てたし、ファミコンもやっていましたし、ガンプラをつくるのも好きでしたね。

まず、僕は『機動戦士ガンダム』が好きだったんです。本放送は1979年なのでリアルタイム世代ではないのですが、名古屋テレビが製作に入っているので、名古屋ではよく再放送されてたんです。

また、当時はガンダムを二等身にデフォルメした「SDガンダム」シリーズのガシャポンやカードダスが流行っていました。戦国時代をイメージした「SD戦国伝」や、ファンタジーの世界観で展開された「SDガンダム外伝」、両方好きでしたね。あと「SDガンダム外伝」版の『ドラゴンクエスト』みたいなゲームボーイのRPGソフト『SDガンダム外伝 ナイトガンダム物語』にハマって、そこから剣と魔法といったファンタジーの世界観やRPGにのめり込んでいきました。

中学生になって、『ガンダム』以外のアニメを見たり、ファンタジー系のRPGもいろいろやる中でも、当時のスクウェアが手がけていたゲーム『ロマンシング サ・ガ』シリーズが一番好きでした。このシリーズのイメージイラストを描いていた小林智美さんの絵が好きで、今も影響を受けていますね。その頃に、「こういうファンタジーの絵をできれば描いてみたい」と自覚するようになりました。

——中学生の頃にもイラストを描かれていたんですか?

メル 落書き程度のものですね。ただ、学校の休み時間に落書きをしていて、友達が「何描いてんの? お、うまいね~!」みたいに言ってくるノリが嫌だったんです。「お前らがサッカーしてる間に俺は絵を描いてるんだから、おまえらよりうまいに決まってるだろ!」って思っちゃう。

1 2 3 4次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。