ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

クラウドファンディングでTシャツを作ろう!共感型販売の新サービス「STEERS」が面白い

DATE:
  • ガジェット通信を≫

不特定多数の人々から資金を調達し、目的を達成するクラウドファンディング。最近は事業出資の範囲に留まらず、身近に利用できるサービスも多く登場している。

先日リリースされた「STEERS(ステアーズ)」も、その1つ。spice life社が提供する、クラウドファンディング型のTシャツ製作サービスだ。

・リスク0でTシャツ製作

「クラウドファンディングでTシャツ?」と、疑問に思うかもしれないが、「STEERS」なら、手間もリスクもかけることなく、製作に踏み切れる。

サイト上でTシャツを販売しようと思った理由や動機、目的などを伝え、支援を募るだけ。サポートしてくれた人たちに、期間限定で購入してもらうシステムだ。

 

・最低製品化枚数5枚でプロジェクト成立

デザインもウェブ上で簡単に決定。453の公式イラスト素材と、32のフォントから自由にセレクト。わざわざデザイナーに発注することもない。

デザインが決まったら、販売動機や目的の文章とともに公開。販売期間は最大1か月。

最低製品化枚数は5枚で、その数をクリアすれば成立となり、購入者に発送される。不正立の場合は発送されないが、お金もかからないので気軽にトライできるというわけだ。

春先はイベントも目白押しだから、Tシャツの活躍の場はいやというほどある。個人利用ももちろん、OK。魅力的なストーリーを作って、出資者を募ってみてはいかがだろうか。

STEERS

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP