ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

週末は自家製ビールで家飲み!夢の醸造マシン「MiniBrew」が欲しい・・・

DATE:
  • ガジェット通信を≫

本格的なクラフトビールの味わいを、自宅で手軽に楽しめるキットが登場しました。たんにサーバーからグラスに注いで終わり、なんてものじゃありませんよ。なんと、発酵から醸造までアプリで管理しながらつくる「自家製ビール醸造マシン」ですから!

仕込みから醸造まで
世界最小のビール醸造機

週末は自家製ビールで家飲み!夢の醸造マシン「MiniBrew」が欲しい・・・

ほとんどコーヒーメーカーにしか見えないこの個体。これがオランダ発、自宅で簡単にクラフトビールが醸造できる「MiniBrew」です。「自分でビールがつくれたら…」、というビールラバーたちの夢を叶えるマシン。材料さえ揃えば、最短1週間ほどで夢の自家製クラフトビールが楽しめるんだとか。

醸造工程はすべて、
専用アプリで「一元管理」

週末は自家製ビールで家飲み!夢の醸造マシン「MiniBrew」が欲しい・・・

まずは、ビール製造における種づくりからスタート。だけど、醸造の知識もなしにビールなんてつくることができる?という心配はご無用。ここで登場するのが専用アプリです。というのも、MiniBrewは、アプリ連動型の醸造マシン。味のコントロールから、発酵の度合いまで、すべてをアプリで一元管理できるというもの。
週末は自家製ビールで家飲み!夢の醸造マシン「MiniBrew」が欲しい・・・

ヴァイツェンのようなドイツの白ビール、ラガータイプ、ピルスナー、ペールエールなど、好みに合わせてライトなものからビターテイストまで、ビールを仕上がり具合を視覚的にアプリでチェックしながら、材料の蒸らし、挽き、冷却、発酵までをおよそ3.5時間ほどかけて行います。あとは、だいたい1週間ほど(ビールの種類による)かけてじっくり醸造。これだけで、一度に5リットル分のクラフトビールのできあがり。
週末は自家製ビールで家飲み!夢の醸造マシン「MiniBrew」が欲しい・・・

ちなみに、ビール造りの基本となる材料はこの4つ。右上から時計回りに水、麦、ホップ、そして酵母。これらの材料もすべてアプリから購入可能。酵母を変えて「ラガー」にしたり「エール」にしたり、気分に合わせていろんなビールがつくれるなんて、まさに夢のよう。
週末は自家製ビールで家飲み!夢の醸造マシン「MiniBrew」が欲しい・・・

自分好みのクラフトビールを週末のうちに仕込んでおけば、翌週には友だちを招いて自家製ビールでホームパーティー。これは、素敵すぎるでしょう!

ただし…日本では法律上、
アルコール1%以上はNG

週末は自家製ビールで家飲み!夢の醸造マシン「MiniBrew」が欲しい・・・

クラウドファウンディングで潤沢な資金を得て、いよいよ2016年春、世界へ向けて出荷予定のMiniBrew。これは欲しい!

ただし、残念ながら日本では酒造には免許が必要。たとえ個人で楽しむためであっても、アルコール度数1%以上のお酒の自家醸造は、法律的にNGというのが現実です。アルコール度数までアプリでコントロールできるかは微妙。そう考えると、MiniBrewで自家製クラフトビールが楽しめる人は、ごくひと握りかもしれません。

それでも、いつか自宅で「ビールつくりたい!」こう願う人は、少なくないはず。動画を見れば、なおさら手に入れたくなっちゃうかも。

Licensed material used with permission by MiniBrew

関連記事リンク(外部サイト)

「コンソメ」と「ブイヨン」の違いをあなたは知っていますか?
マグカップと電子レンジを使った「5つのレシピ」ピザ、マカロニ、グラノーラetc・・・
話題の「ビーントゥーバー」のチョコ、どうして新しいのか?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。