ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アンビションとJSC Games、Android用謎解きパズルアドベンチャーアプリ「SpookyDoor」をリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アンビション とJSC Games は 3 月 25 日、Android 向けの謎解きパズルアドベンチャーゲーム「SpookyDoor」をリリースしました。アプリは無料ですが、アイテム課金機能が盛り込まれています。「SpookyDoor」は、キャラクターが仲間を助けながら迷い込んだホテルを脱出するためにステージ上の “ワープする電話” や “部屋を入れ替えるカーテン” などのギミックを駆使して鍵を入手し、各ステージのゴール扉を目指すパズルゲームです。ステージごとにキャラクターを操作できる回数が決まっているのでその回数以内にゴールに到着しなければなりません。キャラクターにはそれぞれ特殊能力が設定されており、難しいパズルをワープすることで、簡単に進めたりすることができます。また、アイテムなどを購入するための “ダイヤ” をアプリ内課金で購入することもできます。ステージを進むごとに謎解きが難しくなっていくので、意外とムキになってやり込んでしまうかもしれません。「SpookyDoor」(Google Play ストア)

■関連記事
スマートフォン用AMOELDパネルの製造コスト、今ではLCDよりも安い都の調査結果
発売間近のHTC Vive、その箱の中身とは?
イオシスがNexus 7(2013)やiPad miniなどのメーカー再生品を割安で販売中

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP