ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ゆらぎ肌と花粉症におすすめの春のハーブティー

DATE:
  • ガジェット通信を≫

暖かく開放的な春。でもゆらぎ肌や花粉症で悩ましい思いをしている人も少なくないでしょう。市販の薬に頼る方法もありますが、症状をやさしく緩和してくれる春のハーブティーを飲んでみてはいかがですか?

春に起こるゆらぎ肌&花粉症

春は体調を崩しやすい季節。新生活をスタートする不安や新しい人間関係の悩みなどストレスもたまりやすい時期です。冬から春に移り変わるときの温度差や空気の乾燥、紫外線などからゆらぎ肌になる人が増えます。ゆらぎ肌の症状としては、急に皮脂の分泌が活発になりニキビができやすくなったり、敏感肌になってかゆみが起こったり。花粉症そのものに悩む人もいますが、花粉の飛来が刺激となり、ゆらぎ肌の原因になることもあります。

ゆらぎ肌とストレス効果的なハーブ

ゆらぎ肌によいハーブはエキナセアです。北米原産のキク科の植物で、根に抗炎症作用や免疫力をアップする多糖類、糖たんぱく質、フラボノイドが含まれます。お肌のトラブルやアレルギー症状の出やすい人に特におすすめです!
一方、ルイボスには肌のターンオーバーを進めるフラボノイドを含有。活性酸素を取り除いて肌の老化を防いでくれるので、みずみずしくハリのある肌をキープできます。ストレスに効能があるのは、ローズやジャスミン。甘い香りがイライラをしずめて心を落ち着かせてくれます。またローズには、収れん作用を持つゲラニオール、ネロールなどが含まれていて、お肌のハリやツヤを作ります。ゲラニオールは、抗菌作用があるのでニキビなどの肌トラブルにも効果的です。

花粉症におススメのハーブは?

鼻・のどの粘膜を健康にして炎症を抑える効果があるのは、エルダーフラワーです。鼻のむずむず感やのどのイガイガがある人はハーブティーを飲んでみましょう。目がかゆい、目が充血するという人には炎症を抑える成分アウクビン含有のアイブライトが、鼻づまりにはペパーミントが向いています。爽やかな香りのミントには、ミントポリフェノールが含まれて、その作用ですっきりと鼻が通るようになります。

writer:松尾真佐代

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP