ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「2人以上産むのが大切」の中学校長 旭日旗騒動では白旗

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「女性にとって最も大切なことは子供を2人以上産むこと」と全校集会で語って物議を醸した大阪市立茨田北中学の寺井寿男校長は、その後「校門に私物の旭日旗を掲げていた」と毎日新聞で報じられ、世間の集中砲火を受けることとなった。市教育委員会が調査したところ、休日は校門に、平日は校長室に掲揚していたことが確認され、撤去させたという。

 掲揚の是非は別として、校長の発言全文に目を通してみれば、ほとんどの人が「意外といいこと言っている」と思うのではないか。校長がネットに掲載(現在は削除)した発言の中核部分を抜粋する。

〈女性にとって最も大切なことは、こどもを2人以上生むことです。これは仕事でキャリアを積むこと以上に価値があります。なぜなら、こどもが生まれなくなると、日本の国がなくなってしまうからです。しかも、女性しか、こどもを生むことができません。男性には不可能なことです。(中略)子育てのあと、大学で学び医師や弁護士、学校の先生、看護師などの専門職に就けば良いのです。子育ては、それ程価値のあることなのです。(中略)次に、男子の人も特に良く聴いてください。子育ては、必ず夫婦で助け合いながらするものです。女性だけの仕事ではありません。人として育ててもらった以上、何らかの形で子育てをすることが、親に対する恩返しです〉

 出産後の学び直しを勧め、男性に育児参加を促す──やや言葉足らずな点があるとしても、全体としては女性活躍社会を目指す日本にとって違和感のない主張だと思うのだが……。

 発言が炎上した直後は「間違ったことは言っていない」と堂々と報道陣に答えていただけに、その心境を聞こうと中学校の校門前で待っていると、寺井校長が自転車に乗って現われた。記者が名刺を渡すと「大事な用があるので後で連絡する」と言い、全校集会での発言については答えずに、

「あの(旭日旗の)記事はでたらめだ。私は校長室で旭日旗を掲揚していない」

 と憤って校内に入っていった。記事がでたらめならば、さぞ新聞社、世間に対して言いたいことがあるだろう。しかし、3日待っても連絡が来ない。連休明けに再び校門前で待っていると、校内から自転車の寺井校長が現われたが、

「今は話せない。これから出張に行かなくては」

 と逃げるように去って行った。

 大阪市教育委員会は、「旭日旗は校長室に掲揚されており、校長も事実を認めている。処分の可能性は現時点ではない」と回答した。

 発言同様、確固たる意思で旭日旗を掲揚したのならば堂々とその意味を主張すればよいものを、あっさり白旗をあげてしまったのはなんともお粗末だった。

※週刊ポスト2016年4月8日号

【関連記事】
旭日旗韓国起源説は韓国ネット民の間でも「呆れた」の声多数
韓国が旭日旗扱いの代表ユニ デザインの意図をadidasが解説
韓国の人 旭日旗を振った奴こそ福島産のチェリー食べるべき

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP