ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

月額2000円でスマホを使うために必要な覚悟とは

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2年ほど前から春になると大手携帯キャリアが新プランを発表し、格安SIM提供各社(MVNO)による値下げプラン発表が恒例になっている。今年もFREETELがLINEの通信料0円をスタート、DMM mobileも料金プランを値下げ、そしてLINEは今夏から格安SIMサービスに参入すると発表した。現在、スマホの月額料金は平均1723円と大手キャリアユーザーの平均7433円と大きな開きがある(MMD研究所調べ)。評判の格安SIMを利用し月額2000円以下でスマホを持つために、覚悟するべきポイントをまとめた。

●いつでもどこでも電話できる便利さをあきらめる

 低価格であることが目立つ格安SIMだが、通話料金は割高に設定されている。かけ放題や家族間無料といったプランも存在しない。代わりにSkypeやLINE電話などを利用する方法が考えられるが、通話はデータ通信量が大きいため容量の限度を超えぬように気をつけねばならない。通話を利用するときは、wifi環境にあるときなど限定した利用が向いているだろう。

 通話しないなら、用意されているプランの中でもっとも安い音声通話ができない「データ通信」だけのものを選びたくなる。しかしここで注意が必要なのが「SMS(ショートメッセージサービス)対応」という言葉だ。もしこの言葉がないと、GoogleなどのログインやLINEの利用開始時に必要な認証コードを受け取りづらくなる。ログイン認証の内容によってはSMSに限るサービスもあるので、最安でなくても「SMS対応」を選んだ方が無難だ。

●自分で端末を選ぶ

 MVNOの会社によっては、SIMフリー端末と格安SIMをセット販売している例もあるが、基本的に端末は自分で準備することになる。これまで、端末の仕様をあまり気にせず大手キャリアのセット販売に頼りきりだった人には難しく感じるかもしれないが、最近は機種も増え、お馴染みのメーカー製も利用できる。最新機種にこだわらないなら、大手キャリアと契約していたときに使っていたスマホのSIMロックを解除して利用する方法もある。ただしその場合、テザリング機能が使えなくなることがある。

●おサイフケータイ機能も厳しい

 SIMフリーのスマホはおサイフケータイが利用できないといわれてきた。いまも大半の端末では利用できないが、Xperia J1 Compact(ソニー)、ARROWS M02(東芝)、AQUOS SH-M02(シャープ)は対応している。ただし、どの機種もすべてのおサイフケータイ機能に対応済みではないので、Suica、WAON、Edyなどのうちどのおサイフ機能が欠かせないかを決めておく必要がある。

 また、端末単体で購入できるものと、特定の格安SIMとのセット販売に限られているものがあるので、格安SIMと端末のどちらを優先して入手したいか決めればスムーズに選べる。

●LINEのID検索は必要ないか

 現在、販売されている格安SIMでは年齢認証が不可能だ。そのため、成人していないと利用できないLINEのID検索は利用できない。そのため、これまでLINEの友だち追加する場合、招待メールを送ってもらったり、対面したときにQRコードや「ふるふる」機能を使う必要があった。

 ただし、今夏にLINEが投入する格安SIMサービス「LINE MOBILE」では年齢認証に対応する。自分のLINEの利用方法を振り返り、やはりID検索は欠かせないならば、夏を待った方がよいかもしれない。

●YouTubeを見続けない

 格安SIMを利用してスマホ月額2000円におさめるためには、通信量の上限を超えないような使い方が必要だ。モバイルデータ通信のときにYouTubeなど動画を見続けると、すぐに容量いっぱいになってしまう。とくに、高画質での再生は月額通信量を増やすばかりだ。動画の再生については、wifiで接続するときに限るなどの工夫が必要だ。

【関連記事】
ライト利用者向けの格安スマホ 使い過ぎ気になる中高生にも
格安スマホが人気で「iPhone安く買えると聞いた」と問う客も
格安スマホとキャリア新料金プランの注意点を専門家が解説

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP