ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ホステス必携の心得帖【3】 飲み方と飲ませ方

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 色気は売っても心までは売ってはいけない──こんな133の警句が並ぶ冊子が話題だ。大阪・北新地社交料飲協会の初代理事長(故人)が1980年に作った「ホステス心得帖」は昨年11月に再出版され、版を重ねている。男が読んでもためになる「お水の教科書」から、「飲み方と飲ませ方」の章を紹介しよう。(全10回)

(1)お客様に断らずに、勝手に自分の飲み物を注文しないこと。できればお客様と同じものを飲むのがよい。

(2)お代わりをする時も、謝意を表すこと。お客様は大様に振舞っていても、意外に勘定は細かいものだ。

(3)お客様より先に、おつまみに手を出すな。勧められても、待ってましたという下品な態度をしないこと。

(4)お客様より高いお酒を飲むな。お客様が進んで飲むようにと勧めない限り飲むな。高いお酒を「飲んでもいいですか」と催促できるのは、よほど馴れてから。

(5)足下がフラついて、立っていられないほど飲まないこと。

(6)週に1~2回は禁酒、もしくは節酒日を決めて、体を大切にしよう。休日はできれば禁酒。体を毀しても、誰も助けてはくれない。20代の不摂生は40代になって、てき面に現れる。

(7)お客様の飲み物のお代わりは、お客様の同意を得て早目に注文すること。ただしムリ強いはしない。

(8)お客様のお酒をさげすむな。通ぶるな。たとえば、「ブランデーはストレートが一番よ。アメリカンなんて最低よ」など言うべからず。

(9)珍しいお酒を、興味本位にあまり注文しないこと。

(10)酔った女は面白いが、可愛気はない。女は惚れた男の前(二人だけの)以外は酔わぬのが花。

(11)酔わなければ接待できないようでは、一人前ではない。世の中には、一滴も飲めないで抜群の売上げを達成しているホステスは、幾らでもいる。むしろ、そういう人の方が、お酒で誤魔化せないだけに真剣である。

※週刊ポスト2016年4月8日号

【関連記事】
ホステス必携の心得帖【2】 お客様との対応
みのもんた氏 一晩で1000万円伝説に「ちょっとオーバー」
酒豪の椿鬼奴 「ビールならジョッキで8杯くらいが普通」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP