ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カシオ WSD-F10の「MOMENT SETTER」はアウトドアで「途中経過」「自然環境の変化」「タイミングやチャンス」をタイムリーに通知する便利な機能

DATE:
  • ガジェット通信を≫

カシオの Android Wear スマートウォッチ「WSD-F10」には、屋外での行動やハイキング・トレッキング / フィッシング / サイクリング時に欲しい情報をタイムリーに知らせてくる便利な機能「MOMENT SETTER」が搭載されています。この機能は他社の Android Wear では見たこともないので WSD-F10 の大きなアピールポイントになると言えます。MOMENT SETTER は、ユーザーの行動、スマートフォンの状態、WSD-F10 のセンサーデータを基にしたリマインダー的な機能で、事前に登録した条件に達すると、アプリや通知を表示します。IFTTT や Tasker のようにユーザー側で設定内容をカスタマイズできるほか、屋外アクティビティに特化した設定が可能なので、よりスマートな行動を実現することができます。おそらく、WSD-F10 はこの機能のおかげで Android Wear の中で最もスマートな製品になると思います。MOMENT SETTER は、「CASIO MOMENT SETTER+」アプリで設定します。画面には「ハイキング」「フィッシング」「サイクリング」と特定のアクティビティ用のメニューが事前に用意されているので、これらを趣味にしている方は容易に条件を設定できます。また、「その他」では汎用的な条件を設定できるので運動や趣味以外でもリマンダー機能を利用できます。何が通知されるのかを大雑把に説明すると、「途中経過」「自然環境の変化」「タイミングやチャンス」です。最後のタイミングとチャンスというのは、フィッシングの場合だと事前に釣れ時時刻を調べて 1 時間前に通知するような条件を作成できるということです。次に示すのは登録可能な条件のほんの一例です。時間や距離、速度、場所、アプリなどはユーザー側でカスタマイズできます(青文字部分がカスタマイズ可能な情報です)。ハイキングの場合・「標高 ○○m のゴールまで ○○ m になったら残り標高を表示」・「○○m ごとに高度グラフを表示」・「日の入りまで ○○ 時間になると通知」・「○○ 時間ごとに “休憩しましょう” と表示」フィッシングの場合・「釣れ時の ○○ 時間前に通知」・「<場所>の満潮が ○○ 時間前になったら通知」・「○○ 分ごとに地図を表示」サイクリングの場合・「走行を停止したらこれまでの走行距離を表示」・「速度が ○○ km/h を超えたら通知」・「走行距離 ○○km ごとに、“休憩しましょう” と表示」登録を終えると WSD-F10 側のアプリドロワーから「アクティビティ」アプリを起動します。このアプリはハイキング、フィッシング、サイクリング用の専用画面を提供するだけでなく、MOMENT SETTER+ アプリで登録した条件の通知を開始させます。

■関連記事
Meizu Pro 6の実機写真が流出、Redmi Note 3のようなメタルボディを採用
カシオ WSD-F10に収録されているオリジナルウォッチフェイスの数々
Android NでAndroid TVの設定メニューのUIが刷新

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP