ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

まさかのスマート骨壷「Bios Incube」が登場!植物を植え、成長をモニター

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

日本では、亡くなった後は火葬にして、骨壷に入れてお墓に収容するのが一般的な埋葬法だ。

愛する者が亡くなった後、大きな悲しみが訪れるが、そんな心を慰めてくれる未来型の“スマート骨壷”が、クラウドファンディングサイトKickstarterに登場している。

・木を植えて、随時生育状況をモニター

「Bios Incube」は遺骨を納める骨壷ながら、木などの植物を植えることができ、専用アプリと連動して、その成長をサポートするというものだ。「Bios Incube」は、「Bios Incube」、「Bios Urn」、専用のモバイルアプリの3つで構成される。

「Bios Incube」は、植物を成長させる“培養器”の役割を果たし、アプリと連動して常に生育状況をモニターする。

「Bios Urn」は生体分解性のある骨壷で、ここに植物を植える。

・専用センサーが土壌状況をチェック

使い方はこうだ。まず「Bios Incube」の中に、土壌と「Bios Urn」を入れて、専用のセンサーを骨壷上部の土壌表面に配置する。

このセンサーは、土壌の温度、露光量、土壌と周辺大気の湿度などを測定し、測定データはスマートフォンアプリへと随時送信される。

次に「Bios Incube」内を水で満たす。装置内の水タンクには最大約11リットルもの水を入れられ、これはおよそ20日分の量になるので、少し家を空けるときにも安心だ。土壌水量の減少を感知して、オートで水やりをしてくれるのもありがたい。

・現代人の生活に合わせた、新しい埋葬方法

「Bios Incube」は、特に都市部の居住者に向けた埋葬方法で、既存の埋葬法に囚われない新しい埋葬法といえる。亡くなった愛する人やペットとずっとそばにいたい……というつつましい願いを叶えてくれる。

日々生長していく植物を眺めれば、心も和らぐことだろう。現在、Kickstarterで4月6日まで出資を受付している。

Bios Incube

Techable(テッカブル) -海外・国内のネットベンチャー系ニュースサイト
カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP