体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

上質なプロヴァンス体験を。わが家のようにくつろげる「南仏のホテル」10選

tablet-hotels-provence160324-000

tablethotel_profileTablet Hotels
こだわりを持つトラベラーのために、世界の素敵なホテルを厳選した宿泊予約サイト。魅力溢れるホテルや現地の最新情報をお届けします。
https://www.tablethotels.jp/

桜の便りが届くこの時期になると、ふと南仏の丘に咲く、うすべに色のアーモンドの木立の中を、ヴィンテージのオープンカーで通り抜ける。そんな自分を夢見てしまうことがあるのは、私だけでしょうか。

アルピーユ山脈からリュベロン、トリュフ市場にヴェルドン渓谷…。そんなイメージにそそられたなら、今年こそ、最高のプロヴァンス旅行を計画してみませんか?

01.
HAMEAU DES BAUX
(レ・ボー・ド・プロヴァンス)

160318_tablet-hotels-provence_01

アルピーユ山脈でも最も美しいとされる村、レ・ボー・ド・プロヴァンス。村の住人がたった22人なのに対し、ここには年間150万人もの観光客が訪れるのだそう。そんな観光客の群衆を上手に避けつつこのエリアを満喫するなら、車で10分ほど離れたパラドゥーにある「ハモー・ド・ボー」へ。

160318_tablet-hotels-provence_02

ぶどう園やイチジクの木に囲まれた建物の中にあるのは合計20室の居心地良い客室。庭から聞こえるペタンクの音や、アペリティフを楽しみながら、ゆったりと流れる時間を堪能しましょう。お昼寝の喜びに、また出会えそうです。

02.
LA BASTIDE DE MARIE
(メネルブ)160318_tablet-hotels-provence_09

リュベロンへようこそ!フランスで最も美しい村とされるこちらでは、カラフルなプロヴァンスの景色と、オーガニック・シェーブルチーズを好きなだけご堪能あれ。

160318_tablet-hotels-provence_10

メネルブの要塞と有名なお城から車で5分。洗練されたコンテンポラリースタイルの「ラ・バスティード・ド・マリー」は、ぶどう園と低木に囲まれるようにして佇んでいます。ここでは、赤、白、ロゼの3種類すべてが味わえるので、大きな空に広がる夕焼けを眺めながら、ガーデンやプールでゆったりした時間を楽しむことができます。

03.
LA MIRANDE
(アヴィニョン)

160318_tablet-hotels-provence_12アヴィニョンといえば、ライブパフォーマンスやグレコローマン神話が好きな人は、必ず訪れるべき土地。そこで、啓蒙時代にデザイン改装された14世紀の枢機卿の宮殿の中に、客室を用意したのは、本格的な歴史と上品さを持ち合わせた「ラ・ミランド」。 160318_tablet-hotels-provence_11

丁寧な刺繍の施されたタペストリー、シルクのカーテン、トワルデジュイに、鏡の後ろに隠されたテレビ…。料理長ジャン=クロード・オーベルタン(Jean-Claude Aubertin)が手がける見事な伝統料理もお見逃しなく。

04.
DOMAINE DE CAPELONGUE
(ボニュー)

160318_tablet-hotels-provence_08

「ドメーヌ・ド・カプロング」は、セザンヌの絵にでも出てきそうな、見事なカントリーハウス。

160318_tablet-hotels-provence_07
1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。