ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

上質なプロヴァンス体験を。わが家のようにくつろげる「南仏のホテル」10選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Tablet Hotels
こだわりを持つトラベラーのために、世界の素敵なホテルを厳選した宿泊予約サイト。魅力溢れるホテルや現地の最新情報をお届けします。
https://www.tablethotels.jp/

桜の便りが届くこの時期になると、ふと南仏の丘に咲く、うすべに色のアーモンドの木立の中を、ヴィンテージのオープンカーで通り抜ける。そんな自分を夢見てしまうことがあるのは、私だけでしょうか。

アルピーユ山脈からリュベロン、トリュフ市場にヴェルドン渓谷…。そんなイメージにそそられたなら、今年こそ、最高のプロヴァンス旅行を計画してみませんか?

01.
HAMEAU DES BAUX
(レ・ボー・ド・プロヴァンス)

アルピーユ山脈でも最も美しいとされる村、レ・ボー・ド・プロヴァンス。村の住人がたった22人なのに対し、ここには年間150万人もの観光客が訪れるのだそう。そんな観光客の群衆を上手に避けつつこのエリアを満喫するなら、車で10分ほど離れたパラドゥーにある「ハモー・ド・ボー」へ。

ぶどう園やイチジクの木に囲まれた建物の中にあるのは合計20室の居心地良い客室。庭から聞こえるペタンクの音や、アペリティフを楽しみながら、ゆったりと流れる時間を堪能しましょう。お昼寝の喜びに、また出会えそうです。

02.
LA BASTIDE DE MARIE
(メネルブ)

リュベロンへようこそ!フランスで最も美しい村とされるこちらでは、カラフルなプロヴァンスの景色と、オーガニック・シェーブルチーズを好きなだけご堪能あれ。

メネルブの要塞と有名なお城から車で5分。洗練されたコンテンポラリースタイルの「ラ・バスティード・ド・マリー」は、ぶどう園と低木に囲まれるようにして佇んでいます。ここでは、赤、白、ロゼの3種類すべてが味わえるので、大きな空に広がる夕焼けを眺めながら、ガーデンやプールでゆったりした時間を楽しむことができます。

03.
LA MIRANDE
(アヴィニョン)

アヴィニョンといえば、ライブパフォーマンスやグレコローマン神話が好きな人は、必ず訪れるべき土地。そこで、啓蒙時代にデザイン改装された14世紀の枢機卿の宮殿の中に、客室を用意したのは、本格的な歴史と上品さを持ち合わせた「ラ・ミランド」。

丁寧な刺繍の施されたタペストリー、シルクのカーテン、トワルデジュイに、鏡の後ろに隠されたテレビ…。料理長ジャン=クロード・オーベルタン(Jean-Claude Aubertin)が手がける見事な伝統料理もお見逃しなく。

04.
DOMAINE DE CAPELONGUE
(ボニュー)

「ドメーヌ・ド・カプロング」は、セザンヌの絵にでも出てきそうな、見事なカントリーハウス。

ラベンダーガーデンやラウンジチェアが並ぶプールや、ミシュラン2つ星シェフ、エドゥアール・ルーベ(Édouard Loubet)が手がけるお料理が自慢です。中でも、絶品ロブスター「ア・ラ・マルジョレーヌ」は、この町一番人気の一皿。ペイストリーも逸品だから、デザート用のお腹もしっかり残しておきましょう。

05.
DOMAINE DE LA BAUME
(トゥルトゥール)

こちらは、18世紀のカントリーハウス。高台にあるトゥルトゥールの村に建つ、画家ベルナール・ビュフェ(Bernard Buffet)の旧家です。“プロヴァンスの空に佇む村”なんていう、ロマンチックなニックネームを持つ土地です。

「ドメーヌ・ドゥ・ラ・バーム」の一番のお楽しみは、フランソワ・マルタン(François Martin)のダイニングルームで堪能するディナーと、館内にあるピュア・アルティテュード・スパでのリラックスタイム。ゆったりリラックスしてお腹を満たし、心地よい客室での時間を楽しみましょう。

06.
HÔTEL DE TOURREL
(サン・レミー・ド・プロヴァンス)

ゴッホの絵画を知る人なら、サン・レミー・ド・プロヴァンスのことはすでにご存知でしょう。オランダ人画家は、ワインで知られるこの町を、150点以上の作品の中に収めています。

17世紀の宮殿の中にあるデザイナーズホテル、「オテル・ド・トゥレル」の辺りには、歴史ある市中心部のアートギャラリーやビストロもたくさん。もちろん、館内のレストラン&ワインバーも一流。このエリアにある34種の“アペラシオン”について、じっくり勉強できそうです。

07.
LE COUVENT DES MINIMES
(マーヌ・オン・プロヴァンス)


こちらも、またしても絵になる、高地に作られた要塞の中にある中世の村。12世紀の小さな修道院と、プロヴァンスのプティ・トリアノンと呼ばれる城もあります。辺りには、香り高い草花が咲き誇る、広々とした庭園も。

1613年に創建された「クーヴァン・デ・ミニム」は、ウェルネスプログラムを大切にしたホテル。回廊の中に作られたロクシタン・スパや、ラベンダーやレモン、ハチミツ、バーベナなど、地元産の素材を使った製品が揃っています。

08.
LA BASTIDE DE MOUSTIERS
(ムスティエ・サント・マリー)

美しい湖と渓谷で知られるヴェルドン公園と、その下に流れる目を見張るような青い川。フランス国内では、ラフティングやカヌーといえばまずここ。陶芸とラベンダーハニーで有名な、ムスティエ・サント・マリーは、そのユニークな自然環境への入り口となっています。

そして17世紀に建てられた「バスティード」は、もともとアラン・デュカス(Alain Ducasse)の避暑地だったこともあり、地質学が好きな人も美食好きな人も、こぞって訪れるスポットになっています。

09.
HÔTEL CRILLON LE BRAVE
(クリヨン・ル・ブラーヴ)

トゥール・ド・フランスの急斜面コースとして知られるヴァントゥー山の麓にある、クリヨン・ル・ブラーヴ。セミの声に耳を傾けながら、トリュフ狩りを楽しみ、シャトーヌフ・デュ・パプとジゴンダスの赤ワインを堪能できます。

かつて画家セザンヌが愛したというこの宿を訪れたら、そんな1日を満喫したいもの。マルシェや中世の村、アンティークショップ、ラベンダー畑やアーティストのアトリエ訪問もお忘れずに。

10.
HÔTEL PARTICULIER
(アルル)

カマルグへの玄関口となっているアルル。深い歴史と他にない建築、どこへ目を向けても絵になる町。そして、この辺りの伝統となっているフォッカッチャ風パン、オレンジフラワーがほんのり香るフーガス。

1824年にシャルトルーズ男爵によって建てられた「ロテル・パティキュリエ」は、アンダルシア風の庭と、そこにあるスイミングプール、アーチの下に用意されたマッサージルームといった、魅惑的な要素がたくさん。ここに一泊すれば、いつでも春のようなワクワクした気分になるはずです。

Licensed material used with permission by Tablet Hotels

関連記事リンク(外部サイト)

なんと、過去は◯◯だった!リノベーションで劇的に生まれ変わった「世界のホテル8選」
アナタも経験あるはず!帰国後すぐ、旅に出たくなる「10の理由」
2016年こそ!「朝型人間」になるために知っておくべきコト

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP