体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【イラスト9枚】小山薫堂氏が提唱する、お風呂の作法「湯道」がイイ!

生活・趣味

「湯道」とは、放送作家・小山薫堂氏が唱える究極の「湯」の作法、様式、芸道のこと。曰く、「華道や茶道に決められた美しい手順、所作があるように、湯道にも湯、自己、他者と深く向き合うための作法が存在する」のだとか。

では早速、その作法をイラストとともに紹介しましょう!

「湯道」は、ただ風呂に
入るわけではありません。

01.
合掌

【イラスト9枚】小山薫堂氏が提唱する、お風呂の作法「湯道」がイイ!

まず湯桶に向かってお湯に感謝。すべてはこの気持ちから始まります。

02.
潤し水

【イラスト9枚】小山薫堂氏が提唱する、お風呂の作法「湯道」がイイ!

コップ一杯の水で水分補給。入浴によって水分が失われるため、非常に重要な行為です。

03.
衣隠し

【イラスト9枚】小山薫堂氏が提唱する、お風呂の作法「湯道」がイイ!

衣類を脱いだ後、その衣服を風呂敷で覆う。この行為を「衣隠し」と呼びます。

04.
湯合わせ

【イラスト9枚】小山薫堂氏が提唱する、お風呂の作法「湯道」がイイ!

湯桶で三度、湯をすくって体を清めます。三度目の際は、手拭いを湯桶に浸し、かたく絞って頭の上に乗せましょう。この時、湯加減を確認することが大切。熱すぎたならば、湯もみをして温度を下げます。

05.
湯三昧

【イラスト9枚】小山薫堂氏が提唱する、お風呂の作法「湯道」がイイ!

心を湯に集中して雑念を去り、没入します。自己と対峙することにより、心の垢が自然とはがれていくでしょう。これを「洗心」とも呼びます。

06.
垢離(こり)

【イラスト9枚】小山薫堂氏が提唱する、お風呂の作法「湯道」がイイ!
1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会