ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【イラスト9枚】小山薫堂氏が提唱する、お風呂の作法「湯道」がイイ!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「湯道」とは、放送作家・小山薫堂氏が唱える究極の「湯」の作法、様式、芸道のこと。曰く、「華道や茶道に決められた美しい手順、所作があるように、湯道にも湯、自己、他者と深く向き合うための作法が存在する」のだとか。

では早速、その作法をイラストとともに紹介しましょう!

「湯道」は、ただ風呂に
入るわけではありません。

01.
合掌

まず湯桶に向かってお湯に感謝。すべてはこの気持ちから始まります。

02.
潤し水

コップ一杯の水で水分補給。入浴によって水分が失われるため、非常に重要な行為です。

03.
衣隠し

衣類を脱いだ後、その衣服を風呂敷で覆う。この行為を「衣隠し」と呼びます。

04.
湯合わせ

湯桶で三度、湯をすくって体を清めます。三度目の際は、手拭いを湯桶に浸し、かたく絞って頭の上に乗せましょう。この時、湯加減を確認することが大切。熱すぎたならば、湯もみをして温度を下げます。

05.
湯三昧

心を湯に集中して雑念を去り、没入します。自己と対峙することにより、心の垢が自然とはがれていくでしょう。これを「洗心」とも呼びます。

06.
垢離(こり)

汗がじんわりと出てきたら、一度湯からあがり水をかぶります。

07.
近慮(きんりょ)

「垢離」を行った後、水に浸した手拭いをかたく絞り、体を拭きます。左手で湯桶を固定し、右手で内側の汚れを確認しながら湯桶を洗う。最後に、湯桶を逆さまにして響石に一度だけ当て、残っていた水を切ります。

次に入浴する人のために、整えること。これを総称して「近慮」と呼びます。ここでの近くとは、「次に入浴する人」の意。

08.
風酔い

風呂からあがった後、風を感じることで現実にゆっくりと戻ります。先ほどまで感じることのできなかった微風を、ここではさっと感じることができるはず。かき氷などを味わいましょう。

09.
合掌

最後はやはり、湯への感謝の気持ちを。

この「湯道」は、2016年3月1日(火)に宮崎県にオープンした、小山薫堂氏プロデュースによる湯室(個室温泉)「おゆのみや」のコンセプトとして提唱されているもの。茶道にその世界を体現した茶室があるように、湯道にも湯の世界を体現する湯室があるというわけ。

湯への感謝に始まり、感謝に終わるーー。この感覚、日本人らしくてイイですよね!

Licensed material used with permission by おゆのみや

関連記事リンク(外部サイト)

天国への手紙も受け付けてくれる「漂流郵便局」とは?
「ナショナルジオグラフィック」が選ぶ、衝撃的な7枚の写真
おとぎ話に出てきそう!「ドライフラワー」を閉じ込めたジュエリー

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP