ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【動画】映画『Bridget Jones’s Baby(原題)』のトレーラーが初公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

みんなが大好きな、自由気ままなセクシー女性が帰って来る……妊婦姿で。
映画『Bridget Jones’s Baby(原題)』の第1弾となるトレーラーが公開された。

3月23日(現地時間)、レニー・ゼルウィガーはテレビの人気トーク番組『エレンの部屋』に出演し、映画『ブリジット・ジョーンズの日記』のシリーズ第3弾となる『Bridget Jones’s Baby(原題)』のトレーラーを公開した。

ゼルウィガーのアイコン的キャラクター、ジョーンズは出版社のプロデューサーを務める40歳そこそこの独身女性で、赤ちゃんを身ごもる。典型的なブリジット・ジョーンズ流なので、誰が父親なのか分からない。予告映像で気まずく鉢合わせた元旦那のマーク・ダーシー(コリン・ファース)かもしれないし、新しい恋人候補のジャック・クワント(パトリック・デンプシー)かもしれない。

マークが父親である可能性は「少なくとも50%はある」とブリジットが言うと、ブリジットの母親(ジェマ・ジョーンズ)は「あんた、トリプル・セックスしたの?」と、ショックを受けながらも気丈に尋ねる。

ブリジットは、可能性のあるそれぞれの男性と超音波診断の予約さえする。エマ・トンプソン演じる産婦人科医は「彼が父親かしら?あなたがここにいてくれて嬉しいわ。とてもユニークで素晴らしい瞬間よ」と、2度、同じことを言う。

『ブリジット・ジョーンズの日記』は約15年前に公開され、その後2004年に映画『ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月』が公開された。

ジム・ブロードベント、セリア・イムリー、ジェームズ・キャリスが同作に戻ってくるほか、シャロン・マグアイアが監督として再登場する。

ワーキング・タイトル・フィルムズで長年に渡りコンビを組む、ティム・ビーヴァンとエリック・フェルナーは、デブラ・ヘイワードと共にプロデュースする。米ユニバーサル・ピクチャーズが『Bridget Jones’s Baby(原題)』の北米と一部海外の配給を行う。

同作は9月16日に米劇場公開される。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP