ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

イースター「復活祭」はハロウィンに続けるか

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「バレンタイン」「ハロウィン」に続いて「イースター」も日本に普及するのだろうか。鬱陶しいと思うおっさんたちのために、大人力コラムニスト・石原壮一郎氏が立ち上がる。

 * * *
 どうやら、3月27日の日曜日は「イースター」だそうです。「イースター」と聞いてその由来をすらすら説明できる人は、はたしてどれだけいるでしょうか。何となくキリスト教方面の行事だということはわかりますが、それ以上のことはよくわからない……。それが日本の大人の標準的なスタンスではないでしょうか。

 そんなイースターが、ハロウィンに続いて「日本の年中行事」の座を狙っています。アメリカ生まれのディズニーランドが、2010年からイースターがらみのイベントをやっているのは、まあ仕方ありません。さらにおととしあたりから、お菓子会社がイースターを当て込んだ商品を発売。となると、「恵方巻」を広めたコンビニ業界も黙っちゃいません。ファミリーマートは今年から、イースターに向けた大型キャンペーンを始めました。

 そもそもイースターとは、イエス・キリストが死後3日目に復活したことを祝う日。「復活祭」とも呼ばれ、「春分の日の後の最初の満月から数えて最初の日曜日」と定められています。復活の象徴となっているのが、タマゴと繁殖力の強いウサギ。派手に飾り付けたゆで卵を食べたり飾ったり、ウサギの耳をつけて集まったりするそうです。スーパーのお菓子売り場やファミリーマートに行くと、イースターに向けて作られたタマゴ形のお菓子がたくさん並んでいるはず。ウサギの耳も、きっとあちこちに売っているでしょう。

 ハロウィンだってほんの5、6年前までは、今とは比べ物にならないぐらい地味でした。この調子だとイースターも、数年後にはそこそこ定着するに違いありません。ちょっとすかした若者やオシャレなファミリーが、ホームパーティとかして盛り上がっている光景をテレビなどで見せつけられるかと思うと、いまから鬱陶しい気持ちになります。

 微妙な端境期にある今年のイースターに、大人としてどう立ち向かうか。知らん顔して過ごすという選択肢もありますが、せっかくなので活用の仕方を考えてみましょう。

 我々はいつもいろんなことについて、つい「背伸び」する方向での語り方を考えがちですが、無理しすぎるとくたびれます。イースターでは、あえて「ダメな大人」になることでいつしかまとっていた重い鎧を脱ぎ捨て、楽に生きるコツを探ってみましょう。

「バレンタインデー、ハロウィンに続いて、今度はイースターか。まったく商魂たくましいよな」と、イースター商戦が広がっている様子を嘆けば、「本人は気が利いているつもりで当たり前のことを言う素直な人」という印象を与えられるはず。「相談しても頼りにはならなさそうだけど、悪い人ではなさそう」という評価を得たい人にオススメです。

 家族に向かって「おっ、今日はイースターか。よし、オレがゆで卵を作ってやる。みんなで色を塗ってみよう」と言い出してみるのも一興。きっとスルーされるでしょうが、「オチャメな一面もあるお父さん」に見られたがっているケナゲさは伝わるでしょう。間違いなく軽薄にも見えるので、妻や子どもたちとのあいだにある壁が打ち破れるかも。

「今日はイースターだから、バニーちゃんのいるお店に行こうぜ!」と、男友達を誘ってみるのも楽しそうです。自分でもウサギの耳を持参すれば、さらに完璧。お店でバニーちゃんに「イースターといえばウサギだよね」と得意気に話せば、「バカそうだけど楽しいオジサン」として親近感を抱いてもらえるでしょう。ま、それ以上は望めませんけど。

 さあ、あなたもこんな感じでイースターを活用して、今よりは無邪気だった若いころの気持ちを取り戻したり、仲のいい家族に戻った気になったりしましょう。オシャレなホームパーティには縁がなくても、それがオッサンなりの復活祭です。

【関連記事】
元準ミス日本が長崎の皿うどん味「ソースドロップス」を紹介
「男子スイーツ部」部長関根さんが360円のエクレアに注目
ネイル女王殿堂入り倖田來未 人魚イメージのロングネイル披露

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP