体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【シアトル観光者必見】無料、半額も!お得に芸術鑑賞を楽しむ5つの裏技

生活・趣味

観光の際には外せない、美術展やコンサート巡り。あれもこれもと足を運ぶとどんどんお金が出ていきますが・・・実は、ちょっと工夫するだけで入場料を節約することができるんです。その簡単な技を5つご紹介しましょう。

1. 観光名所を回りつくすならシティパス

シアトルでおトクに芸術鑑賞を楽しむ5つの秘密

シティパスとは、定番観光スポットのチケットがセットになったお得な綴り券です。普通に回ると大人なら約$135、子ども(4~12歳)なら約$84かかるところ、シティパスの金額は大人$74、子ども$54。約半額です。入場の度にチケットを買う手間も省けます。

対象となる施設は以下の通りです。
スペースニードル
アゴシー・クルーズ・ハーバー・クルーズ
シアトル水族館
EMP(音楽博物館)SFM(SF博物館)、もしくはウッドランド・パーク動物園
パシフィック・サイエンス・センター、もしくはチフーリ・ガーデン・アンド・ガラス

さらに、
メイシーズ15%割引券(除外品あり)
オプションで選べなかったもうひとつのアトラクションを通常入場料から割引

という特典があります。有効期間は9日間です。

「地球の歩き方」のサイトからは、全て日本語でパスを予約することができます。

大人8,400円/子ども(4~12歳)5,900円。パスは国内の住所に宅急便で送られてきて、送料が864円~1296円かかります。ただ、公式サイトから予約すれば送料はかかりません。おまけにオンライン割引で大人$69、子ども$49となります。英語サイトですが、名前や住所、クレジットカードなどの情報を入力するだけなので英語に自信がない方でも難しくありません。パスの入手方法もより簡単。メール送信される明細をプリントアウトして対象施設のいずれかへ持っていくと、パスに交換してくれます。

2. EMPのチケットはオンラインで購入

シアトルでおトクに芸術鑑賞を楽しむ5つの秘密

「そんなにたくさん回れないよ」という方にどれか一か所おすすめするなら、個人的にはEMP(音楽博物館)です。
シアトルといえば「ジミ・ヘンドリックスやニルヴァーナを生んだ音楽の町」という印象を持つ方もいるのでは。そんなシアトルが誇るポップカルチャーの博物館です。

入場料は大人$25、子ども(5~17歳)$16ですが、こちらも公式サイトから購入すればオンライン割引で大人$22となります(子どもは$16のまま)。メール送信されるチケットをプリントアウトして持参すれば確実ですが、筆者の場合はメール画面を提示するだけでも入れました。

3. 毎月第一木曜日は、入場料が無料

シアトルでおトクに芸術鑑賞を楽しむ5つの秘密
1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会