ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

首のブツブツ。これってイボなの? 対処法はあるの?

DATE:
  • ガジェット通信を≫
首のブツブツ。これってイボなの? 対処法はあるの?

知らないうちにできている首のブツブツや目の周りの小さなイボ。見つけたらショックですよね。このイボの正体は一体何なのか? ここではその原因や対処法をご紹介します。

突然現れるポツポツの正体は?

首や脇、目の周りなどにできる小さなポツポツの正体は「脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)」という加齢性のイボです。老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)ともいわれます。加齢性といっても、おじいちゃんやおばあちゃんだけにできるわけではなく、最近は20代でも脂漏性角化症に悩む人が増えてきているとのこと。直径2~3ミリ程度の小さいイボで、平たいものと隆起しているものがあり、数が増えていくタイプや大きくなっていくタイプもあります。基本的に痛みや痒みはなく、イボそのものは良性なので心配いりませんが、見た目的に気になってしまいます。

脂漏性角化症の原因は?

原因は単純に皮膚の老化や遺伝的なもの。一般的には40代くらいからでき始め、60代で80%、80代になると100%の確率でできてしまうそうです。最初は毛穴が汚れたように黒くブツブツが目立つようになり、ある日突然小さなイボができているという流れで、そのイボはどんどん増えてしまうから面倒です。皮膚の老化は加齢でも起こりますが、紫外線ケアやお肌のトラブルが多いと老化が早まってしまいます。その結果、若くても脂漏性角化症になってしまうというわけ。特に身内に若いうちから脂漏性角化症が現れている人は遺伝の可能性があるため、早めの予防が必要になります。

治療法はあるの?

脂漏性角化症の治療は皮膚科で行います。ただし、イボ自体は体に何か悪さをするわけではないので見た目が悪いから取りたいという目的になります。この場合、保険適用外になり自費治療になることがほとんどなので覚えておきましょう。イボを取るには液体窒素で焼く方法、レーザー照射による切除、電気メスを用いた切除法があります。まれに炎症を起こしたり、日常生活に不便をきたすような場所にできることがあり、その場合は検査のうえ保険適用で治療を受けることができます。手術による切除のほかには、ヨクイニン(ハトムギ)がイボ取りの薬として古来より使われています。ハトムギ茶を飲んだり、ヨクイニンの粉末や塗り薬を使うのもおすすめです。

加齢だけではない皮膚の老化。顔だけではなく、全身の紫外線ケアやお肌のケアを怠らないように心掛けたいものですね。

writer:しゃけごはん

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。