ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

この春行きたい!ファミリーで楽しめる遊園地&テーマパーク9選【関西・中国】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

こんにちは。編集部の川崎です。春休みのレジャーといえば、やっぱり遊園地・テーマパークは外せないですよね!

今回は新施設から定番パークまで、今話題の遊園地・テーマパークをご紹介。

動物が間近で見れるあの話題のスポットや、新アトラクションが登場したあのテーマパークまで、思わずわくわくドキドキしちゃうアツイスポットが満載です。

大人から子どもまで思わず夢中になっちゃうこと間違いなし♪天気の良い日には、家族み~んな一緒に、おでかけしましょう!

話題の最新施設

京阪神エリアでは、昨年11月にオープンした万博記念公園の大型複合施設「EXPOCITY」が話題沸騰。中でも注目のエンタメ2施設を紹介します!

1.EXPOCITY[大阪府・吹田市]

昨年11月に開業した日本最大級の大型複合施設。全305店舗が入る「ららぽーとEXPOCITY」ほか、魅力的なエンターテインメント施設がずらり!

今春には高さ日本一のシースルー観覧車

「OSAKA WHEEL」も完成予定!

夜間には、見渡す限りの夜景が眼下に広がる!

見どころいっぱいのEXPOCITYに今春、新たな目玉施設が営業開始予定。120m超と高さ日本一となる予定で、シースルータイプのゴンドラからは大阪の街並みを一望できます。 EXPOCITY(エクスポシティ)

TEL/06-6170-5590

住所/大阪府吹田市千里万博公園2-1

営業時間/施設・店舗により異なる※詳細は公式HPで

定休日/不定

アクセス/電車:大阪モノレール万博記念公園駅より徒歩2分

車:名神高速・近畿道吹田ICまたは中国道中国吹田IC

駐車場/約4100台(30分200円)※お買い上げ、エンターテインメント施設利用による無料サービスあり。最大4時間まで

「EXPOCITY」の詳細はこちら

NIFREL

アートのような展示方法でキッズたちの感性を刺激!

「みずべにふれる」ではホワイトタイガーの展示も

昨年11月に「EXPOCITY」内にオープンした、海遊館初プロデュースの新施設。工夫を凝らした展示方法を通して、陸上や水辺の生きものの生態をアート感覚で楽しめる。「感性にふれる」7つのゾーンをゆっくり巡って!

宙を飛ぶアナホリフクロウや、のんびり動くカピバラに癒されて

光のアート作品「WONDERMOMENTS」も必見

「ピクニックカフェ EAT EATEAT」で購入できる「食べる水」は数量限定販売で250円。不思議な見た目を楽しんで!

◆おすすめランチ◆

ピクニックカフェ EAT EAT EAT

カマンベールとクルミのホットドック550円など、春の新メニューも登場予定!

緑の木々と動物たちに囲まれて、ピクニック気分でランチができる。こだわりのサンドイッチやハンバーガーが充実。(ニフレル2階) NIFREL(ニフレル)

料金/入館料大人(16歳以上)1900円、小・中学生1000円、幼児(3歳以上)600円

アトラクション数/7(ゾーン数)

弁当・飲み物の持ち込み×

お得チケット/チケット売場の行列を避け、指定した時間に入館できる「Webチケット」も要チェック。詳しくはHPにて。

TEL/0570-022060

営業時間/10時~20時(入館は~19時)OEXPOCITYに準ずる

「NIFREL」の詳細はこちら

オービィ大阪

五感フル活用で楽しめる10種以上のコンテンツ。

日本最大級である幅40m、高さ8mの大迫力スクリーンでBBC Earthがオービィのために制作した完全オリジナル作品を鑑賞できる「シアター23.4」

「イギリスの自然映像制作「BBCEarth」と「セガサミーグループ」の共同プロジェクト。「見る」「聞く」だけではなく、「におい」「風」「水」などで全身の感覚を刺激し、臨場感あふれる体験をすることができます。幅広い年齢層が一緒に楽しめること間違いなしです!

◆おすすめランチ◆

多国籍レストラン オリエンタルスプーン

トマトをたっぷり使ったオリエンタル麻婆豆腐830円(手前)。ニューヨークで人気のチキンオーバーライス980円(奥)も名物

昨年11月に先行オープンしたこちらでは、エスニックイタリアンをコンセプトとした創作メニューを味わえちゃいます。キッズ向けメニューも充実していますよ! オービィ大阪

料金/入館料大人2160円、大学・高校生1728円、小・中学生1296円、幼児(4歳以上)864円

定休日/EXPOCITYに準ずる

アトラクション数/13(エキシビション数)

弁当・飲み物の持ち込み×

お得チケット/カフェなどで料金優待もある年間パスポートは大人4536円。平日限定の年間パスもあり。※再入館可

TEL/06-6155-7299

営業時間/10時~21時(入館は~19時)

「オービィ大阪」の詳細はこちら

New Open&新アトラクション

ほかにも新テーマパークの開業や、各施設での新アトラクション登場など春休みの楽しみはゾクゾク増加中!家族揃ってお出かけしてみよう。

2.京都鉄道博物館[京都市・下京区]

京都駅から徒歩圏内に鉄道ミュージアムが誕生!

本館の吹き抜けフロアには、新旧の実物車両が展示される

4月29日、京都駅近くにJR西日本運営の鉄道博物館が誕生する。実物車両の展示もあり、「見て、触って」鉄道文化を体感しよう!

蒸気機関車の検査・修繕に特化した「SL第2検修庫」

館内には新幹線、在来線の運転などを体験できる運転シミュレータも設置

幅30m、奥行10mのリアルな巨大鉄道ジオラマも見どころ!

◆おすすめランチ◆

館内レストラン(名称未定)

広い窓から光が射し込む、明るい雰囲気の店内。休憩スペースも併設される

京都の景色や走行車両を眺めながら食事を楽しめるレストランも併設予定。幅広い年齢層に対応したメニューが揃います。(本館2階) 京都鉄道博物館

料金/入館料大人1200円、大学・高校生1000円、小・中学生500円、幼児(3歳以上)200円

弁当・飲み物の持ち込み×

チケット情報/入館券はJR西日本管内の「みどりの窓口」にて、1カ月前より事前購入が可能。※料金は同額

TEL/詳しくはHPを確認

住所/京都府京都市下京区観喜寺町

営業時間/10時~17時30分(最終入館17時)

定休日/水、年末年始

アクセス/JR京都駅より西へ徒歩20分

駐車場/なし

「京都鉄道博物館」の詳細はこちら

3.鈴鹿サーキット モートピア[三重県・鈴鹿市]

家族そろって楽しめるモビリティのテーマパーク。

新アトラクション「サーキットチャレンジャー」はレーシングドライバー・佐藤琢磨選手も開発に参加

カートやバイクなど、子どもでもチャレンジ可能なアトラクションがいっぱい。園内にはホテルも併設し、泊まりがけでのお出かけにも最適。

中学生以上の同伴で3歳から乗れる「プッチグランプリ」

昨年3月に登場の「アクロエックスエボリューション」は、テストドライバーとして悪路を走行

キッズに人気の「パワークリスタルハント」

◆おすすめランチ◆

プッチタウンキッチン

春の新メニュー・ママのエビフライオムライス1250円。大きなエビフライをあっさりトマトソースで!

プッチタウンにある洋食の店。ふわとろのオムライスやキッズメニューが人気で、全フードメニューにサラダバーが付くのもうれしいですね。 鈴鹿サーキット モートピア

料金/入園券大人(中学生以上)1700円、小学生800円、幼児(3歳~未就学児)600円、パスポート(入場+のりもの乗り放題):大人(中学生以上)4300円、小学生3300円、幼児(3歳~未就学児)2100円

アトラクション数:29

弁当・飲み物の持ち込み×

お得チケット/入園券にアドバンスカート(5周1回)利用券が付いたアドバンスカート利用券は2600円。

TEL/059-378-1111

住所/三重県鈴鹿市稲生町7992

営業時間/10時~16時30分(曜日、時期により異なる)

定休日/不定

アクセス/電車:近鉄白子駅より三重交通バスで20分、鈴鹿サーキットバス停より徒歩すぐ

車:東名阪道鈴鹿ICより30分

駐車場/約3500台(1日1000円※特別日は変更の場合あり)

「鈴鹿サーキット モートピア」の詳細はこちら

4.志摩スペイン村パルケエスパーニャ[三重県・志摩市]

園内で繰り広げられるショーやパレードが人気!

新登場の「キディモンセラー」は身長90cm~利用が可能。家族みんなで挑戦しよう。バルセロナのアートな世界とモンセラー山を爽快に疾走

スペインをモチーフとした異国情緒たっぷりのテーマパーク。今年2月には、子どもも楽しめる新コースター「キディモンセラー」が登場しました。

8の字を描くように回るティーカップ「トマティーナ」

きらびやかなメリーゴーランド「ガウディカルーセル」は女の子に人気

「くるみわり人形」では、音と光の不思議な世界を冒険してみよう

◆おすすめランチ◆

プッチタウンキッチン

6種のタパスが付いた「伊勢志摩産シーフードのパエリャセット」2350円。地産食材を使用

レンガやステンドガラスを配したゆったり空間で、本格派スペイン料理に舌鼓を。スペイン風クレームブリュレなどのデザートもあります。 志摩スペイン村パルケエスパーニャ

料金/パスポート(入園+のりもの乗り放題)大人(18歳~59歳)5300円、12歳~17歳4300円、3~11歳3500円

アトラクション数/27

弁当・飲み物の持ち込み×

お得チケット:4月5日まで、年間パスポート購入キャンペーンを実施中。通常大人1万2000円が8400円に!

TEL/0599-57-3333

住所/三重県志摩市磯部町坂崎

営業時間/9時30分~17時(曜日、季節により異なる)

定休日/なし(6/27~7/1は休)

アクセス/電車:近鉄鵜方駅より直通バスで13分

車:第二伊勢道路鳥羽南・白木ICより20分

駐車場/4200台(1回1200円)

「志摩スペイン村パルケエスパーニャ」の詳細はこちら

5.みさき公園[大阪府・岬町]

イルカショーも見逃せない、遊園地&動物園の複合施設。

眺望抜群の「ジェットコースター」

大阪府で唯一の「イルカショー」でも知られ、遊園地エリア&動物園エリアで1日遊べます。遊園地にはキッズが1人で体験できる遊具も多いのでぜひ訪れて。

アスレチックと迷路を組み合わせた「みさき要塞 大脱出

水鉄砲で標的を狙う「水丸ニンニン大冒険」

「サイクルモノレール」は自分のペースで空中散歩

◆おすすめランチ◆

みさきキッチン

ハンバーグのロコモコ850円。存在感たっぷりのジューシーハンバーグに、オニオンフライや卵をトッピング

フードからデザートまで幅広いメニューが揃う園内レストラン。ハンバーグがメインのみさきランチ1000円をはじめ、どれもボリューム満点。 みさき公園

料金/入園券大人(中学生以上)1350円、子ども(3歳~小学生)700円※学生は950円(要学生証提示)

アトラクション数:31

弁当・飲み物の持ち込み○

お得チケット:年間入園券は大人3100円。また南海電車・バス定期券、minapitaカードの提示で入園料が約2割引になる。

TEL/072-492-1005

住所/大阪府泉南郡岬町淡輪3990

営業時間/9時30分~17時(冬期は短縮)

定休日/水※3/23、3/30、4/6、5/4などは営業

アクセス/南海電鉄みさき公園前駅より徒歩すぐ

車:阪神高速湾岸線泉佐野南出口より30分

駐車場/1000台(1日1200円)

「みさき公園」の詳細はこちら

6.ひらかたパーク[大阪府・枚方市]

絶叫マシーン以外にほのぼの系ライドも多数。

最新のデジタルアートを楽しめる「チームラボアイランド 踊る!美術館と、学ぶ!未来の遊園地」は3月12日~6月6日まで開催。別途入場料800円が必要

豊富な絶叫マシーンで知られる「ひらパー」だけど、子どもが楽しめるイベントやアトラクションも多いです。3月下旬からは園内の桜も身頃に!

花が描かれ続けるチームラボイベントのインスタレーション作品

「3Dレーザーバトル魔界の森伝説」。レーザーガンで3Dシューティングバトルを!

3月5日には「あたま系アスレチックヤッテミ~ナ」がパワーアップ

◆おすすめランチ◆

マジカル ラグーンキッチン

もちもち生パスタがクセになる、キャベツとソーセージのペペロンチーノ850円

自家製生パスタとピザの店。麺やソースはオリジナルレシピで作られています。ハワイアンドーナツを使ったマラサダクール300円も人気。 ひらかたパーク

料金/入園券大人(中学生以上)1400円、子ども(2歳~小学生)800円、フリーパス(入園券別途必要)小学生以上3000円、幼児(2歳~未就学児)1800円

アトラクション数/約40

弁当・飲み物の持ち込み○

お得チケット/「ひらパーGO!GO!チケット」は、入園券と電車運賃がセットになった便利な1枚。詳しくはHPにて。

TEL/072-844-3475

住所/大阪府枚方市枚方公園町1-1

営業時間/10時~17時(曜日、時期により異なる)

定休日/不定

アクセス/電車:京阪本線枚方公園駅より徒歩3分

車:阪神高速守口線守口方面最終出口より約20分

駐車場/1300台(1日1500円)

「ひらかたパーク」の詳細はこちら

7.ナガシマスパーランド[三重県·桑名市]

子ども向けの専用ゾーン「キッズタウン」も訪れて。

低速で走行する入門編コースター「ピーターラビットコースター」。小学校低学年のキッズにオススメ

国内屈指の敷地面積を誇る一大テーマパーク。小さなキッズも楽しめるアトラクションのほか、29種の遊具が揃う「キッズタウン」も楽しい!

昨年登場の「アクロバット」は身長135cm以上で利用できる

うつ伏せ状態で乗車する「カイトフライヤー」で爽快気分を味わって

◆おすすめランチ◆

アクロバットカフェ

骨付きこんがりバーグ700円(写真)のほか、アクロバットプレート1000円などのスナックも

新アトラクション「アクロバット」前に佇むオープンカフェ。スプラッシュをあげるコースターを間近にカフェ&ランチができます。 ナガシマスパーランド

料金/入場券大人(中学生以上)1600円、小学生1000円、幼児(2歳~)500円※15時以降入場は割引あり、パスポート(入場+のりもの乗り放題)大人(中学生以上)4500円、小学生3400円、幼児(2歳~)2100円※15時以降の入場は割引あり

アトラクション数/56

弁当・飲み物の持ち込み×

お得チケット/15時以降に入場すれば、大人料金1000円と非常にリーズナブルに。

TEL/0594-45-1111

住所/三重県桑名市長島町浦安333

営業時間/9時30分~17時(曜日、時期により異なる)

定休日/6・1月末に各5日間

アクセス/近鉄桑名駅より直通バスで20分

車:伊勢湾岸道湾岸長島ICよりすぐ

駐車場/約1万3000台(1日1000円)

「ナガシマスパーランド」の詳細はこちら

8.三世代テーマパーク みろくの里[広島県・福山市]

3世代で満喫できる県内最大級の遊園地。

210万㎡という広大な敷地内に約20種類のアトラクションが揃います。なかでも「メルヘンパーク」には、8種類のキッズ向け遊具がずらり。

小学生から単独で乗車ができる「ウエーブシャーク」。小さな船に乗って荒波を突き進もう!

「ゴーカート」では全長800mの本格コースを走行。2人乗りタイプは大人も同乗できます

園内のシンボル的存在「大観覧車」は、4基のスケルトンゴンドラが人気

◆おすすめランチ◆

アクロバットカフェ

一番人気の「四種のチーズピザセット」1380円。サラダやスープがセットで付いてくるのもうれしい

ピザ窯で焼き上げたイタリア風ピザを味わえmす。和食も揃ってファミリーにオススメ。カウンター・テーブルのほかオープンテラス席も。 三世代テーマパーク みろくの里

料金/スマイルパス(入園+遊具12機種)大人(中学生以上)2300円、子ども(3歳~小学生)2000円、フリーパス(入園+遊具19機種)大人2900円、子ども2600円

アトラクション数/25

弁当・飲み物の持ち込み×

お得チケット/遊具12機種に乗れるスマイルパス、遊具19

機種に乗れるフリーパスがあり、予定に応じて使い分けを!

TEL/084-988-0001

住所/広島県福山市藤江町638-1

営業時間/10時~17時(曜日、時期により異なる)

定休日/なし(3/1、3/8は休)

アクセス/電車:JR松永駅より鞆鉄バスで15分、みろくの里バス停より徒歩すぐ

車:山陽道福山西ICより20分

駐車場/1000台(無料)

「三世代テーマパーク みろくの里」の詳細はこちら

9.ブラジリアンパーク 鷲羽山ハイランド[岡山県・倉敷市]

瀬戸内海の絶景も楽しめる、高台のテーマパーク。

最大85度の急勾配をはじめスリル満点の絶叫マシン「ウルトラツイスター」

本場ブラジルのダンサーによるサンバショーなど、園内は異国情緒あふれる非日常空間。子ども向けのアクティブアトラクションが多いです。

「スカイサイクル」は地上16mを疾走

後ろ向き逆走ジェットコースター「バックナンジャー」

いつの時代も変わらない定番乗り物・メリーゴーランド

◆おすすめランチ◆

デリカフェジャネイロ

ジューシーな竜田揚げを挟んだサンババーガー400円はボリューム満点。ナン生地のブラジリアンピザ400円も人気

サンバのステージショーを見ながら食事ができます。ブラジリアンメニューのほか、ジュースやデザート類もラインナップ。 ブラジリアンパーク 鷲羽山ハイランド

料金/入国+フリーパス大人(中学生以上)2800円、小学生2200円、幼児(3歳~未就学児)1700円

アトラクション数:13

弁当・飲み物の持ち込み○

お得チケッ086-473-5111ト:年間パスポートは大人6000円。入園料がお得になるうえ、園内で使える1000円分のクーポン付き!

TEL/

住所/岡山県倉敷市下津井吹上303-1

営業時間/10時~17時(曜日、時期により異なる)

定休日/なし

アクセス/電車:JR児島駅より下電バスで5分、鷲羽山ハイランド前バス停より徒歩すぐ

車:瀬戸中央道児島ICより1分

駐車場/1000台(無料)

「ブラジリアンパーク 鷲羽山ハイランド」の詳細はこちら

※この記事は2016年月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

3/25新宿にオープン★NEWoManってどんなところ?
子連れ旅行の新定番!?「エンタメ道の駅」へGO!【東北】
子連れ旅行の新定番!?「エンタメ道の駅」へGO!【関東】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP