ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カシオ WSD-F10の「タイムピース」モードとは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

カシオの Android Wear スマートウォッチ「WSD-F10」の大きな特徴とされる「タイムピース」モード。このモードにすると 1 ヶ月以上も連続使用が可能だと言われていますが、Android Wear の機能が全て利用できなくなります。実際の動作内容を確認してみました。タイムピースモードは、モノクロ液晶を使用した時刻表示モードのことです。実際に利用してみると、Android Wear の電源を切る処理が行われることが判明しました。そういうわけで、「Android Wear の機能が全て利用できなくなる」ということなのです。タイムピースモードへの入り方はアプリドロワーの「タイムピース」をタップして、チェックボタンを押すだけ。すると、WSD-F10 のシャットダウンが開始され、上図のような時刻表示のまま維持されます。タイムピースモードを抜ける場合は再度電源を入れます。通常モードへの復帰は電源投入だけなので、特に設定を基に戻したり、スマートフォンとの接続をやり直したりするような面倒な操作はありません。

■関連記事
Google、勝者をGoogle I/O 2016に招待する「Android Experiments I/O Challenge」を開始
カシオのAndroid Wearスマートウォッチ「WSD-F10」の大きさやデザインを他の製品と比較
Galaxy S6 Active改良版「SM-G891A」の噂

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP