ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中村舞子、ネット社会へのメッセージを込めた新曲を2年ぶりにリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中村舞子の2年ぶりとなる新曲「ユートピア」が、3月23日にデジタルリリースされた。

“セツナ系”ラブソングのフィーチャリングシンガーとして、とくにケータイ音楽世代のディーヴァとして人気を集めてきた彼女が久々に放った新曲は、いまを生きる私たちに溢れている「ネット社会」がテーマ。スマートフォンを休む間もなく見入ってしまう、常にSNSやメールを気にし、ランチの写真を撮ってついアップしてしまう、等々…。そんな、今では手放せなくなったスマートフォンやSNSに囲まれた世界や行動を「ユートピア」と名付け、便利なコミュニケーションツールであるがゆえの危うさと、もの足りなさ、こんな時代だからこそリアルに会って目の前の愛を感じて欲しい、という、ストレートなメッセージが歌われている。

実際、歌詞の一部には「足元には気をつけて」、「一言にも気をつけて」、「そんな場所見なきゃいいのに、誰だってイジワルを言うから」といった、やさしくも思わずドキリとさせられてしまうような警告も散りばめられている。一方で、「生涯月々払いのニューメディア」、「窮屈なら飛び出せよユーラシア」など、今まで彼女の曲にあまりなかったようなコミカルな遊び心も取り入れられていて、中村舞子ならではの、心にグッと訴えかけてくるようなエモーショナルなヴォーカルと、明るくノリの良いポップさを併せ持った、ひさびさの新曲に相応しい完成度の高いチューンとなっている。

そして、この曲のカバーアートのデザインは、今人気上昇中のお笑い芸人、パップコーンの松谷ヒロキ氏が担当。 クリエイターとしての一面も持つ彼が、中村舞子のために手掛けてくれた、ポップでキャッチーなカバーデザインにもぜひ注目してほしい。

さらに、ミュージックビデオも近日公開予定で、なんとこちらも松谷ヒロキ氏が監督を務めた。現実と「ユートピア」という二つの世界を、斬新な演出とビジュアルによって描き出した作品は、彼の凄まじいまでのクリエイティビティとユーモアのセンスがあふれている。また「ユートピア」デジタルリリースに合わせ、そのダイジェスト映像が公開された。中村舞子ひさびさの新曲とあわせて、ぜひこちらもチェックしていただきたい。

「ユートピア」ダイジェストムービー
https://www.youtube.com/watch?v=B7pegdnCbXc

【リリース情報】
デジタルシングル「ユートピア」

2016年3月23日より配信開始

デジタルシングル「言えない気持ち」

2016年4月13日より配信開始

■楽曲購入ページ

・レコチョク

http://recochoku.jp/album/A1004075119/

・iTunes

https://itunes.apple.com/jp/album/utopia-single/id1091034028?app=itunes&at=10I3LI

■「ユートピア」特設サイト ※期間限定

http://tinystep.info/artists/maikonakamuranewsong/

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP