ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

虫歯だけじゃない。歯が溶ける酸蝕歯はうがいで防げる!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「酸蝕歯(さんしょくし)」ってご存知でしょうか? 酸によって溶けた歯やその状態をさします。虫歯菌以外にも歯を溶かすものがあるのです。三大口腔疾患と呼ばれる「虫歯、歯周病、酸蝕歯」のうち酸蝕歯について、その症状や対策についてまとめてみました。

酸蝕歯とはどんな状態?

酸蝕は「酸によって歯が蝕(むし)ばまれる」こと。具体的には歯の表面になるエナメル層という部分が溶けるのが酸蝕歯です。さらに詳しく解説すると、食べものや飲み物に含まれる酸のはたらきで、歯のミネラルが溶ける「脱灰」が続いて、修復(再石灰化)ができなくなる状態です。その結果歯が黄ばんできたり、つやがなくなってきたりして、やがては歯が薄くなり穴があくこともあります。

酸蝕歯はどうして起こるの?

酸が強い食べものや飲みものによって起こります。特にレモン、グレープフルーツ、リンゴ、ミカンなどは酸が強いので要注意。サラダドレッシングや酢漬けなど酢を使った食品、炭酸飲料、ワイン、梅酒などの飲みものにも気をつけましょう。クエン酸や黒酢など健康にはよい成分や食品でも、酸蝕歯の原因になります。酸性の薬(ビタミン剤、アスピリン、鉄剤など)や胃液の逆流によっても歯が溶けます。

予防するにはどうすればいいの?

酸性の食べもの・飲みものを摂った後はすぐに水やお茶でうがいをするようにするのが大切。柑橘系の炭酸入りのお酒は女性好み。長時間かけて飲む場合があるので、特に注意が必要です。好きな方は最初に飲むようにして、途中から酸の含まれないお酒やソフトドリンクに切り替えるようにしましょう。また、酸で歯が弱っているところを歯ブラシでこすると歯の表面が傷つきます。30分ほどたってからやわらかめの歯ブラシを使って磨くようにするとダメージが少ないです。フッ素入りの歯みがきは酸から歯を守ってくれます。酸蝕歯が気になる人は、歯みがき選びにもこだわりましょう。

writer:松尾真佐代

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP