ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

春のビタミンカラーに癒されたい!世界の春の絶景TOP10!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

春といえば景色も気持ちも暖かくなり、自然とどこかに出かけたくなる季節。
せっかく長期休暇があるのだから海外へ行くべきなのですが、春に行くべきスポットってなかなか思いつかないですよね。

そんな方のために、今回は旅行サイト「H.I.S(エイチ・アイ・エス)」が旅好き100万人に行ったSNSアンケートの結果をご紹介します!

その名も、「この春行きたい世界の絶景ランキング」!ぜひこの春旅の参考にしてみてください。

第10位 ノルドパークのしだれ柳(ドイツ)

photo by shutterstock

第10位にランクインしたのが、ドイツのデュッセルドルフのノルドパークに植えられている「しだれ柳」です。暖かくなると芽吹き黄色くなることから、春の訪れを伝えるシンボルとなっています。
ノルドパークにはしだれ柳以外にもさまざまな緑があふれ、散歩をしながら心身のリフレッシュをはかることができます。

第9位 ミラベル庭園の春の花(オーストリア)

photo by shutterstock

第9位はオーストリアのザウツブルクにある「ミラベル庭園の春の花」です。有名なバロック建築家によって作られた庭園は、映画「サウンド・オブ・ミュージック」の舞台にも起用されています。
1年中花が咲きみだれますが、特に春の景色が別格に美しいといわれています。

第8位 フレーザーバレーのチューリップ(カナダ)

photo by shutterstock

第8位はカナダのブリティッシュコロンビア州にある「フレーザーバレーのチューリップ」です。一面チューリップで埋まった目前にはカナダの雄大な山々がそびえ、これとない自然を感じられる場所です。

毎年4月にチューリップフェスティバルを開催しており、2016年の開催は4月9日となっています。

第7位 モネの家に咲く春の花(フランス)

photo by shutterstock

第7位はフランスのジベルニーにある「モネの家に咲く春の花」です。
画家のモネが晩年をすごしたとされる家が現在も残っており、モネの画に登場しそうな色鮮やかな花が一面に咲いています。

一般に開放されている期間は4月から10月なので、訪れる際には注意です!

photo by shutterstock

また、モネの名作「睡蓮」のモデルとなった池も見ることができます。見所満載なモネの家、ファンにかぎらず誰でも楽しめるスポットのひとつです。

photo by shutterstock

 

第6位 レイク・ルイーズの透き通った湖面(カナダ)

photo by shutterstock

第6位はカナダのアルバータ州にある「レイク・ルイーズの透き通った湖面」です。

5月頃から冬に凍結した氷が溶け始め、春には濁りのない透明な湖面を見ることができます。「カナディアン・ロッキーの宝石」とも言われるその景色は圧巻です。

夏になると濁ったエメラルドグリーンになってしまうため、透き通った湖面を見れるのは春だけとなっています。

第5位 シチリアを黄色に染めるミモザの花(イタリア)

photo by shutterstock

第5位はイタリアの「シチリアを黄色に染めるミモザの花」です。シチリア島はイタリア南西半島の地中海に浮かぶ、映画の舞台にもよく起用されているイタリア屈指のリゾート地です。
ちなみに毎年3月8日は男性が女性にミモザの花を送る日として、街中の花屋にミモザの花が溢れるそうです。

日本には母の日に花を贈る文化がありますが、大切な恋人に花を贈る日が決められているのはとても素敵ですよね。

第4位 ポジターノの色鮮やかなブーゲンビリアの花(イタリア)

photo by shutterstock

第4位はイタリアのポジターノで見ることができる「色鮮やかなブーゲンビリアの花」です。ポジターノはアマルフィ海岸沿いにある高級リゾート地として有名で、春になるといたるところにブーゲンビリアの花が咲きみだれます。

色鮮やかなピンクとアマルフィ海岸のブルーがポジターノ全体を明るく彩り、その美しいコントラストに元気を与えてもらえます。

第3位 フィヨルドの壮大な自然と雪解けの景色(ノルウェー)

photo by shutterstock

第3位はノルウェーで見られる「フィヨルドの壮大な自然と雪解けの景色」です。

ノルウェーの西海岸に多く見られるフィヨルドとは、氷河などの侵食作用によって形成された複雑な地形のことを指します。

photo by shutterstock

冬が明けて春になると次第に雪が解け、壮大な緑と可愛らしい花が顔を出します。爽やかな北欧の春に出会いにいきませんか?

第2位 キューケンホフ公園のチューリップ(オランダ)

photo by shutterstock

第2位はオランダで見られる「キューケンホフ公園のチューリップ」です。

「世界一美しい春の庭園」と呼ばれている世界でも有数のフラワースポットです。春の約1ヶ月しか解放されないため、時期がくると多くの観光客でにぎわいます。

photo by shutterstock

見渡す限りのチューリップ畑は、約7000万個の球根が植えられているといわれており、まるで天国にきてしまったのではと錯覚するほどの絶景です。

第1位 列車から見る山と花(スイス)

photo by shutterstock

栄えある第1位の座にランクインしたのは、スイス・グリンデルワルトの「列車から見る山と花」の景色です。

スイスといえば列車は定番の移動手段ですが、春になると車窓から西洋タンポポやツツジ、雄大な山脈を眺めることができます。

photo by shutterstock

優しさとたくましさを兼ね備えた圧倒的なアルプス山脈の絶景と、春らしい色鮮やかな花を一緒に見れるということから、堂々の第1位に輝きました!

まとめ

世界の春の絶景、いかがでしたか?SNSで調査した生の声とあって、説得力がありますよね。思わず頷いてしまった人も多いのではないでしょうか。

自然は日々変わりゆくものなので、今すぐこの春の絶景を自分の目で確かめにいきましょう!

各地の詳細情報は公式サイトをご覧ください。
春の旅行を考えている方におすすめの記事はこちらです
もうすぐは〜るですねぇ♪ぽかぽか陽気に行きたい「国内の春の絶景ランキング」発表!
春休みはみんなで「香港」に行こう!2名以上の同時予約で片道4,800円〜香港エクスプレス航空がセール開催!
春の卒業旅行におすすめ!4泊5日で楽しめるバンコク周辺の観光スポット10選

関連記事リンク(外部サイト)

【自然と歴史が混ざり合った絶景】岩手県の四季を映し出す景色7選
帰国後の「体重増えてる…」対策に♡ダイエット効果がある世界のご当地グルメ6選
女子力アップ間違いなし!美しくなれる台湾の楽しみ方
【鳥肌が立つ絶景】南米のパタゴニアが自然の宝庫だった

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP