体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

春のビタミンカラーに癒されたい!世界の春の絶景TOP10!

春といえば景色も気持ちも暖かくなり、自然とどこかに出かけたくなる季節。
せっかく長期休暇があるのだから海外へ行くべきなのですが、春に行くべきスポットってなかなか思いつかないですよね。

そんな方のために、今回は旅行サイト「H.I.S(エイチ・アイ・エス)」が旅好き100万人に行ったSNSアンケートの結果をご紹介します!

その名も、「この春行きたい世界の絶景ランキング」!ぜひこの春旅の参考にしてみてください。

第10位 ノルドパークのしだれ柳(ドイツ)

shutterstock_105589754

photo by shutterstock

第10位にランクインしたのが、ドイツのデュッセルドルフのノルドパークに植えられている「しだれ柳」です。暖かくなると芽吹き黄色くなることから、春の訪れを伝えるシンボルとなっています。
ノルドパークにはしだれ柳以外にもさまざまな緑があふれ、散歩をしながら心身のリフレッシュをはかることができます。

第9位 ミラベル庭園の春の花(オーストリア)

shutterstock_109411934

photo by shutterstock

第9位はオーストリアのザウツブルクにある「ミラベル庭園の春の花」です。有名なバロック建築家によって作られた庭園は、映画「サウンド・オブ・ミュージック」の舞台にも起用されています。
1年中花が咲きみだれますが、特に春の景色が別格に美しいといわれています。

第8位 フレーザーバレーのチューリップ(カナダ)

shutterstock_72071185

photo by shutterstock

第8位はカナダのブリティッシュコロンビア州にある「フレーザーバレーのチューリップ」です。一面チューリップで埋まった目前にはカナダの雄大な山々がそびえ、これとない自然を感じられる場所です。

毎年4月にチューリップフェスティバルを開催しており、2016年の開催は4月9日となっています。

第7位 モネの家に咲く春の花(フランス)

shutterstock_222349933

photo by shutterstock

第7位はフランスのジベルニーにある「モネの家に咲く春の花」です。
画家のモネが晩年をすごしたとされる家が現在も残っており、モネの画に登場しそうな色鮮やかな花が一面に咲いています。

一般に開放されている期間は4月から10月なので、訪れる際には注意です!

shutterstock_194559254

photo by shutterstock

また、モネの名作「睡蓮」のモデルとなった池も見ることができます。見所満載なモネの家、ファンにかぎらず誰でも楽しめるスポットのひとつです。

shutterstock_149365697
1 2 3次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。