体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

古民家リノベ[7] 住んで実感、鎌倉古民家の成功と失敗

古民家リノベ[7] 住んで実感、鎌倉古民家の成功と失敗

古民家との出会いからリノベーション完成までを時系列に沿って紹介してきたが、最終回は実際に住んでみての気付きと振り返りを。元編集長でも、想定以上の出来もあれば大失敗もあり、本音ベースで採点するなら95点。これからリノベーションする人、鎌倉に住みたい人、古民家に興味がある人へのアドバイスや今後の抱負も含め、ランキング形式で振り返ってみよう。●連載「元編集長の鎌倉古民家リノベ移住」

10誌以上の住宅情報誌の編集長を経験してきた筆者が、都内マンション暮らしから鎌倉の築90年古民家への移住を決意。物件との出会い、リノベーションのパートナー探し、プランの検討、コストダウン方法など実体験に基づくノウハウや失敗談を含めた本音を7回連載でお伝えします。

古民家リノベーションならではを実現、新しくても懐かしい大空間

●わが家の見どころベスト5

第1位:古い梁のある開放的なLDK

第2位:職人技が光る建具や空間

第3位:古民家情緒あふれる玄関

第4位:収納力たっぷりの小屋裏収納

第5位:引き戸で一体化できる大空間

まずは前回までに紹介してきた、リノベならではのお気に入り空間から。語り始めるときりがないけれど、平凡な小さな平屋が小屋裏まで使うことで縦に広がり、プラスアルファの空間が生まれたところがリノベーションの一番の効果。更に職人さんたちの工夫によって、今まで隠れていた90年間家を支えてきた柱や梁が顔を出し、古い建具がよみがえり、一体化してわが家ならではのインテリアとなったのもうれしい。【画像1】左:小屋裏収納の換気用小窓から見下ろしたリビング。梁の存在感が際立つダイナミックな空間に。中:築200年超の家にあった一枚板の建具を加工してリビング収納の扉に。風合いを生かし現代によみがえらせる建具屋さんの力作。右:小屋裏収納入口の小さな引き戸は、リビング収納にも使った一枚板戸。手すりは実際小屋裏にあった梁を利用(写真撮影/片山貴博)

【画像1】左:小屋裏収納の換気用小窓から見下ろしたリビング。梁の存在感が際立つダイナミックな空間に。中:築200年超の家にあった一枚板の建具を加工してリビング収納の扉に。風合いを生かし現代によみがえらせる建具屋さんの力作。右:小屋裏収納入口の小さな引き戸は、リビング収納にも使った一枚板戸。手すりは実際小屋裏にあった梁を利用(写真撮影/片山貴博)

さらに、それぞれのお気に入り空間を引き戸によってつなぐことで、ダイナミックな大空間をつくることができた。冬は閉じて暖房効率よく、冷暖房不要な季節や大人数の来客のときは、開け放って広々と。用途に応じてフレキシブルに使えるイメージ通りの「宴会仕様の家」が実現できたのは、家全体を俯瞰して工事するリノベーションならでは。季節やシーンに応じた空間の使い分けが楽しみだ。【画像2】左:引き戸を全て閉じた状態の14畳のLDK。廊下に繋がる引き戸の上部は透明なガラスを組み込み、光は通しながら空気は逃がさず、暖冷房効率良く。右:引き戸を開けた状態。廊下、和室、庭や縁側と一体化した大空間が広がる(写真撮影/片山貴博)

【画像2】左:引き戸を全て閉じた状態の14畳のLDK。廊下に繋がる引き戸の上部は透明なガラスを組み込み、光は通しながら空気は逃がさず、暖冷房効率良く。右:引き戸を開けた状態。廊下、和室、庭や縁側と一体化した大空間が広がる(写真撮影/片山貴博)

恥を忍んで告白、情報収集と想像力不足による後悔と反省

●後悔と反省ランキングワースト5

第1位:お金に関わる自治体制度見落とし

第2位:自然のパワーを甘く見ていた

第3位:お風呂の窓、見えちゃうかも疑惑

第4位:小窓でも複層にしておくべき

1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。