ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

朝ドラだけじゃない ノリにノッてるNHKドラマ班

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は、このところ絶好調のNHKドラマに注目。

 * * *
 NHKのドラマがノリにノッている。

 まずは、いよいよ残すところ一週間。平均視聴率で『花子とアン』や『ごちそうさん』超えが確実と言われている連続テレビ小説=朝ドラ。さらには三谷幸喜氏脚本、堺雅人主演の『真田丸』で視聴率が上向いた大河ドラマだ。

 また、4月の話題は、これまで火曜日だった「ドラマ10」が金曜日に引っ越しすること。鈴木京香と長谷川博己が交際するきっかけとなり、“セカバー現象”を生んだ『セカンドバージン』の脚本家である大石静氏による『コントレール~罪と恋~』の主演は石田ゆり子で、恋の相手は井浦新。この“ねっとり感”は、火曜夜より金曜夜が相応しい。引っ越しは大正解だ。

 木曜の「特集ドラマ」枠は舘ひろしと神田正輝による『クロスロード』。BSプレミアムの「プレミアムよるドラマ」は、柄本時生と元SKE48の松井玲奈の共演が話題の『初恋芸人』だし、「プレミアムドラマ」は黒木瞳、鈴木保奈美の『嫌な女』…と、確かに、こうして並べてみると、どれも話題に事欠かないし、民放ではなかなか真似のできないキャスティングや題材なのである。

 終了してしまったが、「木曜時代劇」枠の『ちかえもん』は、ドラマ好きのコラムニストたちが連載で度々取り上げていたし、「プレミアムドラマ」『鴨川食堂』は、『~こいしと流の物語』というタイトルで番組の魅力を60分に凝縮した特別ドラマがオンエアされるほど好評だった。

 NHKと民放とでは、ドラマの作り方にどんな違いがあるのだろうかと考えると、そう変わりはないように思う。原作モノが多いという傾向も、民放とNHKは似たようなものだし、大物をメインキャストにしてから周辺を固めていく順番もほぼ同じだろう。

 が、民放がまず手を出さない原作モノや、会議で却下されそうな題材のドラマ化が得意なのはNHK。たとえば、最近でいうと『恋の三陸 列車コンで行こう!』(特集ドラマ)、『岡山発地域ドラマ インディゴの恋人』、『新春スペシャルドラマ 富士ファミリー』などがこれにあたる。

 キャストについては、同局のドラマで名前や顔を売った俳優陣をまるで専属の“劇団員”であるかのように次々出演させるのがうまいのもNHKだ。

 3月19日にスタートした「大河ファンタジー『精霊の守り人』」の主演は、大河ドラマ『八重の桜』のヒロインだった綾瀬はるか。今回は短槍遣いの女用心棒・バルサという役だ。

 ファンタジーと言われると「子供が見るもの」と決めつけたり、食わず嫌いをしている人がいるかもしれない。かくいう私もその一人だったのだが、そんな視聴者とファンタジーとの距離を縮めるほど、スケールが大きく、撮影技術、CG、音楽、キャスト…、どれをとっても超豪華だし、時間をかけて丁寧に作られているという特徴がある。

 初回オンエアの前に、番宣番組を見る機会にも恵まれた。昨今、NHKは、番宣番組でも民放を大きく突き放す内容とセンスが評判。『精霊の守り人』の場合も、原作者の上橋菜穂子氏の自宅を『あさが来た』の“ふゆ”清原果耶に訪問させたのを始め、裏方スタッフの仕事ぶりを丁寧に紹介したり、綾瀬=バルサの幼少期を演じる子役をナビゲーターにしたりと、見応え十分だった。ちなみに、清原果耶は、綾瀬演じるバルサの少女期を担当している。

 その番宣番組の中で、もっとも驚かされたのは、短槍遣いの女用心棒役の綾瀬が特訓した殺陣に、“百獣の王”武井壮が挑戦する、という企画だった。

 運動神経や身体能力において芸能界で一、二を争うほどの武井は、妄想という名のシミュレーションでは素手で何十頭もの猛獣を仕留めている。当然、殺陣も「スジがいい」「勘がいい」と誉められそうなものだが、実際に槍を手にした殺陣は全くうまくいかないし、早々に息があがってしまうのである。負けん気の強い武井は「もう一回」「もう一回」と挑戦するのだが、いいところが一つもないまま時間切れになってしまった。

 一方、綾瀬に殺陣をコーチしたトレーナーによれば、意外にも彼女はひじょうに勘が良かったという。私たちが思っているように、コーチも日頃の綾瀬の役のイメージから「大丈夫だろうか」と不安を抱いたようだ。が、殺陣のシーンを作っていくとき、ほんの一瞬“間”が空くと、綾瀬は即座にアドリブを入れこみ、そのシーンを自分のものにしたというのである。トレーナーは目を細めながら、しかし、おおいに感心したという表情でエピソードを話してくれた。

『あさイチ』金曜日の「プレミアムトーク」や、『スタジオパークからこんにちは』、『土曜スタジオパーク』にドラマのキャストを招いては、視聴者からファクスで質問や似顔絵を募り、ファン目線で番組を作るのもNHKは得意中の得意。

 民放の場合は、生活情報系や報道系の生番組と宣伝部の関係がそういいわけでもなく、番宣コーナーの時間は限られている。『あさイチ』や『スタジオパーク~』のようなレギュラー番組にドラマのキャストが出て来て、延々ドラマの話をするというのも、「いくらなんでも番宣に寄り過ぎてやしないか」と反対意見が出て、ドラマの話は極力少なく…ということになってしまうのだ。というのも、よほどの大物が出ない限り、いわゆる“電波ジャック”は視聴率の分計が下がってしまうからだ。

 が、件のNHKの番組は、たとえば『あさが来た』直結で『あさイチ』にディーン・フジオカが出たり、近藤正臣が出たりしても、そのまま高視聴率を維持。25日の同・プレミアムトークは玉木宏で、冒頭から、有働由美子アナ、V6井ノ原快彦と玉木の3ショットでスタートした。

 惣兵衛役の柄本佑が亡くなった回の直後で、有働アナはまた涙目。砂時計越しの新次郎(玉木)出演シーンに思うことがあった有働アナは、新次郎まで死んでしまうのではと動揺しながら、視聴者からのファクスを読むのである。これでは、8時15分になっても、民放にチャンネルを変えることはできないだろう(苦笑)。

 それぞれのドラマや番組とが相乗効果となって話題が話題を呼ぶ…。NHKドラマ班、やはり、ノッている。

【関連記事】
視聴率低迷テレ朝社員「相棒で成功し相棒で失敗した」が口癖
フジTV社員「数字取れるのはサザエさんとスマスマ位」と消沈
テレビドラマ キャスティングが第一で面白くするのは二の次

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。