ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『あさが来た』スピンオフ主演 亀助演じる三宅弘城の人物像

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「まだ終わらないで」「もう少し見ていたい」…そんな寂しい思いのなか発表されたNHK連続テレビ小説『あさが来た』のスピンオフ制作。

 絶大な人気を誇った五代友厚(ディーン・フジオカ・35才)。雁助(山内圭哉・44才)、雁助との恋を諦めたうめ(友近・42才)。三味線のお師匠さん(野々すみ花・29才)…。そんな強敵を押しのけてスピンオフの主役に抜擢されたのが、加野屋で中番頭を務める亀助を演じる、三宅弘城(48才)だ。亀助がふゆの父親を説得して、彼女と結婚するまでの道のりが描かれるという。

 三宅は、宮藤官九郎(45才)や阿部サダヲ(45才)らとともに結成するバンド『グループ魂』でドラム担当でありながら、作詞作曲も手がける。一方で『木更津キャッツアイ』『相棒』『篤姫』『トリック』『いやおうなしに』など、数々のドラマや映画、舞台などに出演する実力派俳優だ。

「コミカルな演技が評判ですが、神奈川の逗子開成高校時代には、器械体操部に所属し、厳しい部活の練習をこなしていました。若き日のヒーローを聞かれると、“森末慎二”って即答です。日本体育大学の推薦も決まっていたんですが、それを蹴って東京国際大学へ進学して、そこからは音楽と芝居づけの日々でした」(三宅の知人)

 大学卒業後は就職せず、『劇団健康』に所属。その後旗揚げした『ナイロン100度』の看板俳優になった。

「その間、ボクシングジムにボクサーとして所属していたこともあるんです。きちんとトレーナーにつき、プロテストを受けようと本格的に練習をしていたそうなんですが、ある日プロテストと芝居のオーディションがかぶって、それで芝居をとった」(前出・三宅の知人)

 三宅は、幼児向け番組『みいつけた!』(NHK)のイスとりゲームのコーナーで、横分けしたヘアスタイルで踊っているが、ピチピチの白いランニングから、現役器械体操選手のようなマッチョなボディーが窺える。

 そのムキムキの腕だからこそできたシーンが『あさが来た』にもあった。

「亀助がのれん回しをするシーンがありますが、あれは番組プロデューサーから“何かやって”とリクエストされ、相撲での弓取り式を参考に、のれんを回すことにしたそうです。ただ回しているように見えますが、あれは1本数kgはあるので結構大変なはずなんですけどね。三宅さんは顔色ひとつ変えずにひょいとやってました」(番組関係者)

 ちなみに三宅は既婚者。2007年11月11日に入籍している。

「もともと奥さんも舞台で歌ったり踊ったりする女性で、三宅さんよりスラッと背の高いきれいな人ですよ。サバサバした性格で、三宅さんが奥さんのことを大好きで、大好きでという感じですね。

 入籍日がコンセントの日ということから、三宅さんは奥さんのことを“コンセントさん”と呼ぶこともあります。

 三宅さんの趣味が一時期お菓子作りだったことがあるんですが、それは奧さんの誕生日にケーキを作っておもしろかったからとか話してましたけど、夫婦仲はめっちゃいいみたいですよ」(前出・三宅の知人)

※女性セブン2016年3月31・4月7日号

【関連記事】
ダルと加藤綾子 三宅アナ、皆川賢太郎が引き合わせた説登場
『あさが来た』スピンオフの主役・亀助演じる三宅弘城の人柄
三宅雪子代議士がツイッターで明かした「某重大事件」の顛末

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。