ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ホステス必携の心得帖【2】 お客様との対応

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 色気は売っても心までは売ってはいけない──こんな133の警句が並ぶ冊子が話題だ。大阪・北新地社交料飲協会の初代理事長(故人)が1980年に作った「ホステス心得帖」は昨年11月に再出版され、版を重ねている。男が読んでもためになる「お水の教科書」から、「お客様との対応」の章を紹介しよう。(全10回)

(1)お客様の名前は、一度で覚えること。一度覚えたら、3年間は忘れぬこと。覚える工夫としては、
a.繰返し名前を言いながら話すこと。
b.さりげなく名刺を頂くこと。
c.覚えるまで名刺をしまわないこと。
d.役職名を間違えぬこと。

(2)好みのお酒や嫌いなおつまみは忘れぬこと。2度目のご来店の時、注文のお酒の種類を訊くようでは、落第。

(3)前回ご来店された時の話題と、一緒に来られたお連れ様の名前を覚えていること。

(4)お客様の興味を示す話題に集中し、貴女の興味本位にならぬよう注意すること。

(5)お客様の顔をジロリと見ながら、席の前を通り過ぎないこと。挨拶、または微笑みを添えた会釈をしながら通り過ぎよう。席に座っていても、他席のお客様と視線が合ったら、視線だけで誠実な会釈をするとよい。

(6)ほとんどのお客様には、必ず、お目当てのホステスがいる。そのお目当てが貴女でなかったら、引き立て役に回ること。いつか貴女が引き立ててもらう時もあるのだから。

(7)お客様の服装・持ち物について、正確な値踏みができること。そして、それを少々オーバーに評価してみせること。但し、知ったかぶりをしてはいけない。

(8)お客様とお客様の関係を間違えぬこと。間違えたら、詫びても済まぬ場合が多い。信頼を築くのには時間がかかるが、怒らせるのは一瞬である。

(9)相手によって応対法を変えよ。賑やかなことが好きな人、静かに話すことが好きな人、黙って触ることの好きな人…色々である。ワンパターンの接待法では、お客様は飽きてしまう。

(10)お客様は、自分の何か(持ち物・人柄・仕事・容貌……その他あらゆるもの)について、それをいち早く認められ、ホステスに誉められたいものである。それが何であるか、早く見つけて、口に出し誉めること。貴女だって、お客様に同じ事をしてほしいではないか。イヤ味の無いお世辞は、人間関係を良くする。

(11)あとから席に着いたホステスに、お客様の名前を紹介すること。紹介されたら、ヘルプでも必ず名前を覚えること。

※週刊ポスト2016年4月8日号

【関連記事】
神宮球場の「美人すぎるビール売り子」 6年連続で売上No.1
62歳男性 モテるためにAKBメンバー全員覚えて大願成就
ビジネスメールの返信 件名は変えるべきか「Re:」はOKか

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。