体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【現代医学】戦国時代の鉄砲の殺傷能力は高いのか? 撃たれると鉛中毒で死亡する可能性アリ

gun2

こんにちは! 歴史好き女医の馬渕まりです。専門は代謝内科。脂質異常症や糖尿病などの生活習慣病が得意分野です。

・戦国時代の鉄砲は殺傷能力高いの?
戦国時代、種子島に到着するやいなや、瞬く間に全国へ広まった鉄砲。殺傷能力は弓や槍をはるかに凌駕し、その普及につれて合戦時の死因も大きく変わっていったと言われておりますが、そこで担当編集さんから、こんなどストレートな質問を頂戴しちゃいまして。

鉄砲で撃たれたら医学的にはどうやって死に至るの? そもそも戦国時代の鉄砲って殺傷能力どれくらいなの? てなわけで今回の無茶振りテーマは鉄砲です。

gun1

・直径10㎜の弾で20㎜の穴が開く
まず銃で撃たれ傷は「挫創(ざそう)」か「裂創(れっそう)」に分類されます。医学的には【鈍器が強く作用、圧迫した部位や周囲にできる創(そう・傷のこと)】を指し、銃が鈍器ということについて違和感を覚えられるかもしれませんが、弾と骨に挟まれた部分が挫滅すると捉えて下さい。

銃弾は大きな運動量エネルギーを持つち、人体に撃ち込まれた弾が小さいトンネルを掘るようにして進むわけではありません。少々説明がややこしくなってしまいますが、周囲の組織を挫滅させ、運動エネルギーの減衰分を放射状に発散して周囲の組織を圧迫、結果として銃弾の直径よりも大きな空隙(穴ぼこ)を形成します。平たく言えば、直径10㎜の弾で20㎜の穴が開くという感じですね。

死因については、上記の過程でどの臓器が巻き込まれたかで決まります。例えば脳などの中枢が破壊されたらほぼ即死ですし、心臓をやられても血流が止まって即アウト。太い動脈が傷ついたら出血多量で数分です。まぁ、当時の戦場でしたら一発で致命傷にならなくても、動けなくなったら他の方法で討ち取られていたことでしょう。

gun7

・火縄銃の初速は案外速く毎秒480m
銃の殺傷能力については、銃砲刀剣類所持等取締法(銃刀法)施行規則に基準があります。

E=mv2(二乗)/2

※(mは銃弾の質量(kg)、vは銃弾の速度)としE/S≥20J/cm2(ただしSは銃弾の底面積)を持って殺傷能力ありと判断しているそうです。理系の方以外はチンプンカンプンですよね。

要は、より速くて重ければ威力が増すってことで、定義自体は弾丸の初速を計算し、殺傷能力の判定に用いられております。25口径の拳銃ですと初速が250m/s、高速ライフルだと1000m/sを越えるものもあるそうです。
では火縄銃の初速は?

「んな記録残ってないっしょ」と思ってしまいましたが、親切にも火縄銃マニアの方が作成された実験データがありました。19世紀初頭に作られた高品質の国友筒ではありますが、その記録が480m/sですから拳銃以上の値ですね。この方の実験では50mの距離で鉄板を軽く撃ち抜いていますので、50mであれば鎧を貫通して相手を倒せると言えましょう。

・射程距離は50メートルぐらい
戦国時代ですと、これよりスペックが劣るのは間違いありませんが、それでも射程距離は50メートルぐらいだったなんて話があります。問題は、当たるかどうかですよね。上記の国友筒による一斉射撃であれば80~100メートル離れた敵に充分効果があると考えられますかね。意外に強い。

gun6

・火縄銃の異名は「種子島」
さて、鉄砲伝来と言えば1543年(天文12年)の種子島ですが、最近はそれ以前に倭寇によってもたらされたなんて話もあります。しかーし! 火縄銃の異名が「種子島」であるように、この時期に持ち込まれた鉄砲は重要な意味を持っております。その歴史を少し振り返ってみましょう。

1 2 3 4次のページ
バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。