ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

最新作は今秋発売、Figmaに「龍が如く」桐生一馬が登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

figma 桐生一馬 (ふぃぐま きりゅうかずま)。塗装済みとなっており、全高は約150mm。 (C)SEGA

2005年に発売されたPlayStation 2用のゲームソフト「龍が如く」。日本最大の歓楽街「新宿歌舞伎町」をモデルにした架空の街「神室町」を舞台に、若き元ヤクザが活躍するハードボイルドな箱庭アクションゲームだ。成人男性をターゲットとしたこの作品は、既存のゲームファン以外のユーザーからも人気を集め、第1作にして30万本超えという異例の大ヒット。その後、ハードを変更してリリースされた5作のナンバリング作品も、それぞれ50万本を超えるセールスを記録している。

その最新作となる「龍が如く6(仮)」の発売は今秋とのこと。既に1月28日に先行体験版のダウンロードが開始されているほか、出演者オーディションに応募が殺到するなど、ユーザーとメーカーが一体となった熱い盛り上がりを見せている。

そんな「龍が如く」ファンの中で、最近注目を集めているのが、主人公「桐生一馬(きりゅうかずま)」のFigmaだ。全身が可動するフィギュアとなっており、要所に軟質素材を使用することで、スタイルを崩すことなく可動域を確保している。もちろんfigmaの売りであるオリジナルの関節パーツが導入されており、しっかりと作中でのアクションシーンを再現することが可能だ。

気になる価格は税別5,370円。発売日は2016年6月予定となっており、現在予約受付け中。最新作「龍が如く6(仮)」を待ちつつ、あなたの部屋で桐生figmaを大暴れさせてみてはいかがだろう。

※掲載の写真は実際の商品とは多少異なる場合があります。
※商品の塗装は彩色工程が手作業になるため、商品個々に多少の差異があります。予めご了承ください。
※画像は実際の商品とは多少異なる場合があります。予めご了承ください。

躍動感あふれるポージングが印象的。原型はマックスファクトリーの湯淺浩が担当。(C)SEGA

付属する「黄金銃」を構える桐生。表情は「叫び顔」パーツに差し替えられている。(C)SEGA

「タバコ」を持った桐生。この他に体力回復アイテムとして登場するドリンク剤「スタミナンスパーク」も付属する。(C)SEGA

▼リンク
figma 桐生一馬
http://www.goodsmile.info/ja/products/slide/37095

YATTAR JAPAN » NEWS
カテゴリー : エンタメ タグ :
YATTAR JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP