ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「大学受験なし」で大卒資格を得る!大学通信教育過程のススメ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:lan-hatebu:20160106092028j:plain

大学を卒業しておきたいけれど、今さら大学受験するのは時間が必要だから無理かも、と感じてしまうこともあるでしょう。でも、受験勉強しないでも入学できる大学があるんです!

通信教育過程のススメ!

f:id:lan-hatebu:20160106092040j:plain

大学を通信教育で卒業した場合でも、通学したのと同様に「学位」取得ができます。もちろん最終学歴を問われたら「大学卒業」と答えることになります。入学は書類選考のみで決定するので、入学試験がありません。そのため、社会人でも思い立ったら書類を準備して出願するだけと簡潔です。

入学しやすい理由は他にもあります。入学金は3万円から6万円くらいが主流で、1年の学費が10万円から30万円くらいです。初年度に納入する金額が通学する形式の10分の1ほどなのも魅力の一つなんです。高校を卒業してすぐ入学したとしても、アルバイト収入で学費を捻出できます。社会人が働きながら通うにしても、無理のない学費とスケジュール設定が可能なのではないでしょうか。

通信制でもキャンパスに行く機会はある

f:id:lan-hatebu:20160106092131j:plain

それでは、通信教育の大学の学習方法の1例をみてみましょう。入学後は教科書を読んで独学します。次にレポートを提出します。スクーリングと呼ばれる授業を教室で受講するとレポートが免除になることがあります。レポートは、科目ごとに出題された問いに対して解答するかたちで作成します。

全てのレポートが合格した科目から、「科目試験」を受けます。科目試験は土曜日や日曜日に実施されるので社会人でも受験しやすくなっています。科目試験に合格すると、科目によって2~4単位を取得します。レポートだけを提出して試験に進む場合と、スクーリングで講義を受けに行って、講義の最後のコマの試験を受けるという2パターンがあります。一定の単位を取得すると卒業論文の提出が許可されます。

論文が合格すると、次に教授や准教授による面接試験があります。ここで論文の内容に関する質問に答えます。問題がなければ、卒業論文に単位が付与されます。合計単位が卒業に必要な数に達すると晴れて卒業です。入学時期が4月と10月であれば、卒業は3月か9月となります。

大学や学部も選べるからウレシい!

入試では難関とされている大学の中にも、通信教育を開講している学校があります。学ぶことは、法学部、教育学部、文学部、家政学部、心理学部など様々な学科から選択することもできます。そんな中、どの大学に入るか、何学部で学びたいか選べない時には、説明会に参加してみても良いかもしれません。

通信教育の利点とは?

高卒で困ったことがなくても、思わぬところで大卒であればよかったと思うかもしれません。もし、多忙になってしまっても、休学することができますので、無理なく学習を進めることができます。自分のペースで勉強できる利点を活用して、大学生になってみませんか?

関連記事リンク(外部サイト)

スマートフォン席巻の時代!役立つスマホの資格2選
次こそやりがいを感じられる会社に転職したい人必見!働く女性1000人が選ぶ★「仕事のやりがいが高い」お仕事6選
【働く女性1000人が選ぶ】 やりがい・給料・職場環境etc…満足度が高い職業ランキング ★11位~15位編★

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ケイマナニュース!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。