ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

ソフトバンク、『DELL Streak Pro 101DL』を発表、4.3インチqHDスーパー有機EL・1.5GHzデュアルコアCPU搭載

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ソフトバンクモバイルは9月29日、2011年秋冬モデルのスマートフォンとして、DELL製Androidスマートフォン『DELL Streak Pro SoftBank 101DL』を発表しました。発売時期は2012年1月。おそらく海外に先駆け発表された思われる『Dell Streak Pro』ですが、今回のは『Streak 5』のようにスマートフォンとタブレットの中間を埋めるような感じの端末ではなく、大型ながらも完全なスマートフォンとなっています。

4.3インチqHD(960×549ピクセル)サイズのスーパー有機ELディスプレー、Qualcomm MSM8260デュアルコア1.5GHzが搭載されています。おサイフケータイや赤外線通信、ワンセグには非対応。カラーはブラック1色。OSはAndroid 2.3(Gingerbread)で、DELLのカスタムUI「Dell Stage 2.0」を搭載。専用のクラウドストレージ「SyncUP」を利用することができ、無料で2GBのストレージスペースが無料で割り当てられます。カメラは背面に800万画素MOS(AF、フラッシュ付)、前面に130万画素CMOSを搭載。動画は最大1080pフルHDサイズで撮影可能。通信機能はWi-Fi a/b/g/n(デュアルバンド)、Bluetooth 2.1+EDR、GSM/WCDMA(2.1GHz)、下り最大14.4Mbps、上り最大5.76Mbps。

OS:Android 2.3(Gingerbread)、Stage UI 2.0
サイズ:126mm×65mm×10.3mm、約140g
ディスプレー:4.3インチ、解像度960×540(qHD)、スーパー有機EL、静電容量マルチタッチ、1,677万色
チップセット:Qualcomm MSM8260デュアルコア1.5GHz
GPU:Adreno 220
メモリー:RAM -、ROM –
外部メモリー:microSD/microSDHC(最大32GB)※2GBのマイクロSDが同梱
リアカメラ:800万画素MOS、AF、フラッシュ、1080pフルHD動画撮影可能
フロントカメラ:130万画素CMOS
対応周波数:GSM(850/900/1800/1900)、WCDMA(2100)
データ通信:HSPA(下り最大14.4Mbps/上り最大5.76Mbps)
通信機能:Wi-Fi a/b/g/n(デュアルバンド)、Bluetooth 2.1+EDR
外部端子類:-
センサー類:-
バッテリー:スタンバイ時間300時間、連続通話時間390分
おサイフケータイ:×
ワンセグ:×
赤外線通信:×
世界対応ケータイ:○
防水・防塵:×
S!メール:○ ULTRA SPEED:×(下り最大14.4Mbps)
緊急地震速報:○
Flash:○(10.1以降)
災害・避難情報:○
カラー:ブラック
発売時期:2012年1月 


(juggly.cn)記事関連リンク
ソフトバンク、3D対応4.5インチHDディスプレイとデュアルコアCPUを搭載した「AQUOS PHONE 102SH」を発表
Samsung、モバイル向け1.5GHz駆動のデュアルコアプロセッサー「Exynos 4212」を発表
ソフトバンク、”LUMIX”ブランドのAndroidスマートフォン「LUMIX Phone 101P」を発表

juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。