体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【まるで店味!】職場で食べたい極上カップ麺7選

仕事が忙しくて、お昼や夜食をカップ麺で済ませる時はありませんか。今回は、忙しいビジネスパーソンに向けて、職場で手軽に食べれるにもかかわらず、まるでお店で食べているかのように美味しいカップ麺をご紹介します。

カップ麺は、ロングセラー以外はとても販売期間が短い商品。見つけたらすぐに食べないと、もう二度と手に入らないかもしれません。命短し食せよカップ麺。気になる商品があれば、ぜひお早めにお召し上がりください。

地域の名店シリーズ もちもちの木 258円(税別)

f:id:tany_tanimoto:20160322112222j:plain

こだわりの穂先メンマと熱々スープを覆う油に染み入る魚粉

セブンプレミアム「地域の名店シリーズ」の関東の雄・もちもちの木。カップ麺にここまでこだわったメンマを入れたのは、この商品が初めてではないでしょうか。コシのあるストレート細麺に、魚介が香り立つキリリとした醤油味のスープ。こだわりの穂先メンマを惜しげもなく搭載し、アクセントとなるあと乗せネギ。熱々のスープは覆われた油によって、最後の一滴まで美味しくいただけます。その名に恥じないもちもちとしたノンフライ麺の食感と、底に鰹節が残るほど魚介の風味を高めた熱々スープ。これぞいつまでも販売してほしいと願う至高のプレミアムカップ麺であります。

「食べたことあるよ!」という方も、カップ麺は油断するとリニューアルしますので、定期的にその味わいを楽しんでみてくださいね。

f:id:tany_tanimoto:20160322130706j:plain

いち井 焼きあご仕立ての塩ラーメン 258円(税別)

f:id:tany_tanimoto:20160322112247j:plain

香り立つ焼きあご、上品にして計算し尽くされた仕上がり

塩味、豚骨、そしてあご出汁を組み合わせた、オリジナリティ溢れるカップ麺。監修したラーメン店「いち井」は新潟県の有名店で、これまでにもカップ麺化されています。

まず、ひと口目に感じるのは香ばしい焼きあごの存在感。食べ進めるうちに濃厚かつ上品な豚骨スープが絶妙なバランスで焼きあご風味を包み込みます。こってりしたスープのアクセントに刻み唐辛子がピリッと舌を刺し、コリコリとしたきくらげが歯ごたえを添えています。もちろん麺のクオリティも一級品。インスタントとは思えない麺の仕上がりに、日清食品の本気が伝わってきます。この計算された組み合わせはまさに芸術的で、魚料理にこだわり抜いた和食の名店がもてなす創作ラーメンのような出来映え。スープだけでもひとつの料理として成り立ちそうです。魚介系ラーメンの最終形態をご堪能ください。

f:id:tany_tanimoto:20160322112212j:plain

麺処井の庄監修 辛辛魚らーめん 256円(税別)

f:id:tany_tanimoto:20160322112217j:plain

容赦のない辛さと特濃スープに寿がきやの本気を見よ

付属するのはドロリとした液体スープに乾燥ネギ入りの粉末スープ。本製品はさらに“後入れ粉末”を搭載し、カップ麺としては最凶とも言える辛さを実現しています。パッケージには「豚骨×魚介×激辛」と謳われていますが、見た目も味ももはや豚骨というより大辛の味噌ラーメン。赤い油が覆うスープは実に濃厚で、刺すような辛さにも決して負けてはおりません。つるつるとした独特の中太平打ち麺は、スープが絡みやすいように細かく縮れ、余すところなく辛辛魚の世界観を堪能することができます。

辛さを最大限にとがらせながらも、どっしりとしたスープとのバランスに「辛いのに!辛いけどもう一口!」となる秀逸にして癖になる逸品。二日酔いの日や自分に喝を入れたいときに食べたい、辛旨の名品です。

f:id:tany_tanimoto:20160322112203j:plain

凄麺 新潟 210円(税別)

f:id:tany_tanimoto:20160322112231j:plain
1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。