ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Nextbit Robinの日本語への対応状況をチェック

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米国のスタートアップ Nextbit が今年発売したクラウドストレージと連携するスマートフォン「Robin」を入手したので、日本語への対応状況を確認してみました。Robin は日本では販売されていませんが、海外で注文することは可能なので、国内にも購入希望者はけっこういらっしゃるかと思います。結論から言うと日本語への対応はほぼ完璧でした。初回のセットアップ時には「日本語」を選択でき、素の Android をほぼ維持しているので、設定メニューをはじめとしたシステム UI は Nexus のように日本語で表示されます。ただ、Robin では、ホームアプリや通知パネル、ダイヤログボックスの背景色などがカスタマイズされているので、こうした独自に改変された部分は日本語ではなく英語のままです。とはいえ、Robin でのカスタマイズ箇所はそれほど多くないので、日常的に使用するうえで困ることはほぼ無いと思います。

■関連記事
上海問屋、スマートフォンを収納できるランナー用ウエストポーチ「DN-13684」を発売
Sony、国内版「Xperia Z4 Tablet Wi-Fi」のAndroid 6.0アップデートを配信開始
楽天モバイル、3月26日~30日にZenFoneシリーズの半額タイムセールを実施

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP