ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【清原逮捕】野村貴仁が暴露した週刊文春が書かない8つの秘密 / ゴミだらけの家はヤラセなど

DATE:
  • ガジェット通信を≫
nomura-takahito111

覚醒剤取締法違反の罪で起訴された、元プロ野球選手の清原和博被告(48歳)。2016年3月17日に保釈され、日本中の人たちが清原に注目している。そんな彼をよく知る人物といえば、元プロ野球選手の野村貴仁である。

・他のマスコミには話していない秘密
今回、独自ルートで彼と接触した当編集部の記者は、「他のマスコミには話していない秘密」を聞くことに成功。野村貴仁と友人2人から、いまだ知られていない秘密を8つ教えてもらうことができた。

nomura-takahito1

・野村貴仁が暴露した週刊文春が書かない8つの秘密
1. ギャラは1円も受け取っていない
一部のメディアが「野村からギャラを要求された」と報じているが、真っ赤なウソ。今回の騒動で数百万円を設けたとも報じられているが、それもまったくのデマであり、野村に対する名誉棄損である。野村は高額なギャラを要求したことはないし、受け取ったこともないという。

2. ゴミはテレビ局のためのダミー
確かに当初はゴミだらけの部屋だったが、それはあくまで最初だけ。その後しっかり掃除をしたものの、マスコミが野村の家に殺到するようになり、マスコミがゴミ屋敷っぽさを撮りたがるため、野村側が仕方なくゴミを放置しているにすぎない。また、マスコミが差し入れをたくさん持ってくるため、それが原因でゴミが増えたとも証言している。つまりゴミが放置されているのはヤラセである。

3. 清原保釈の日に警視庁に行った
野村は、清原が保釈された2016年3月17日に警視庁前で記念撮影をした。3月16日に飛行機で高知から上京し、3月17日に記念撮影をし、そのまま高知へと飛行機で帰った。ちなみに、マスコミは誰一人として野村が上京していることを知らなかったし、気が付かれなかった。

4. 悪意ある報道をした日本テレビは絶対に許さない
日本テレビは野村側が「撮るな」「放送するな」と言ったシーンを無視して放送。隠し撮りや不意を突いた撮影などを繰り返したあげく謝罪もなく、さらに系列のマスコミに映像や写真素材を提供し、拡散させた。これに対して野村側は猛抗議。BPOにも報告済みで、日本テレビの取材はいっさい受けないことになっている。

5. 問題発言でサンデージャポン取材がほぼカット
テレビ番組「サンデージャポン」が野村の家を取材のために訪れたが、野村の先輩があまりにも毒舌だったため、放送禁止用語を連発。重要な発言シーンでも映像として使用できず、大幅にカットされて報じられた。特にテリー伊藤に対するコメントがかなりヤバイもので、その内容は危険すぎてここにも書くことができない。

6. ろれつが回らないため誤解を受けやすい
野村は以前から言葉をうまく発せないことがあり、周囲の仲間が気遣ってきた。ろれつが回らないことがあるため、「薬物をやっているのでは?」「アル中なのでは?」と勘違いされてしまうこともある。そもそも、今回の一連の報道では「野村の様子がおかしい」と報じられていたが、それは以前からの症状であり、追及するべきポイントではない。ちなみに健康状態は、かなり元気である。

7. いま行きたい店は「○○パンしゃぶしゃぶ」
記者からの「いまどんな食事をしたいですか?」という質問に、野村は「○○パンしゃぶしゃぶ」と即答。ギャグなのか、本気なのか、そのあたりは不明だが、高知県の田舎に一人で住んでいるならば、寂しさを強く感じて当然のことである。たまにはは「○○パンしゃぶしゃぶ」でパーッと楽しみたいのだろう。

8. 近日大きな発表がある
野村は近日、マスコミが驚くような大きな発表をするという。どのような内容なのか、まだここに書くことはできないが、公表しても良い段階になれば、まっさきに報じたいと考えている。

https://youtu.be/jj7-Y8GIuW0

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz Plus http://buzz-plus.com/article/2016/03/25/nomura-himitsu/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。