ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ソフトバンク、”LUMIX”ブランドのAndroidスマートフォン『LUMIX Phone 101P』を発表

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ソフトバンクモバイルは9月29日、2011年秋冬モデルのスマートフォンとして、”LUMIX”ブランドを冠したパナソニックモバイル製のAndroidスマートフォン『LUMIX Phone SoftBank 101P』を発表しました。発売時期は2011年11月中旬以降。

『LUMIX Phone 101P』は、Android 2.3(Gingerbread)、4インチqHD(960×540ピクセル)サイズの液晶ディスプレー、TI OMAP 4430デュアルコア1GHzプロセッサーを搭載した端末。ソフトバンクの『ULTRA SPEED』に対応し、下り最大21Mbpsのデータ通信が可能。本体の厚さは約9.8mmと薄型ながらもおサイフケータイ/赤外線通信/ワンセグなどの定番機能のほか、IPX5/IPX7相当の防水性能も備えています。カラーはメロウゴールド、ブラック、マゼンタの3色。 

カメラは背面に1320万画素CMOS(AF、フラッシュ付)を搭載。パナソニックの高画質技術『Mobile VenusEngine』により、風景を色鮮やかに撮影可能と言われています。カメラでは1080pフルHDサイズまでの動画撮影が可能です。通信機能はWi-Fi b/g/n、Bluetooth 2.1+EDR、GSM/WCDMA(1.5GHz/2.1GHz)、下り最大21Mbps、上り最大5.76Mbps。 3G(WCDMA)でのスタンバイ時間は約380時間、連続通話時間は約360分。本体サイズは123mm×64mm×9.8mm、質量は約128g、 まだ開発中とのことで、仕様の多くは発表されていません。 

OS:Android 2.3(Gingerbread)
UI:-
サイズ:123mm×64mm×9.8mm、約128g
ディスプレー:4インチ、解像度960×540(qHD)、TFT LCD、静電容量マルチタッチ、6万5千色
チップセット:TI OMAP4430 デュアルコア1GHz
GPU:PowerVR SGX540
メモリー:RAM -、ROM –
外部メモリー:microSD/microSDHC(最大32GB)
リアカメラ:1,320万画素CMOS、AF、フラッシュ、Mobile VenusEngine、1080pフルHD動画撮影可能
フロントカメラ:-
対応周波数:GSM(900/1800/1900)、WCDMA(1500/2100)
データ通信:HSPA(下り最大21Mbps/上り最大5.76Mbps)
通信機能:Wi-Fi b/g/n、Bluetooth 2.1+EDR
外部端子類:-
センサー類:-
バッテリー:スタンバイ時間約380時間、連続通話時間約360分
おサイフケータイ:○
ワンセグ:○
赤外線通信:○
世界対応ケータイ:○
防水・防塵:○(IPX5/IPX7相当の防水)
S!メール:○
ULTRA SPEED:○(下り最大21Mbps)
緊急地震速報:○(アップデート後)
Flash:○(10.1以降)
災害・避難情報:○
カラー:メロウゴールド、ブラック、マゼンタ
発売時期:2011年11月中旬   


(juggly.cn)記事関連リンク
ソフトバンク、次期Android”Ice Cream Sandwich”を搭載する「AQUOS PHONE 104SH」を発表、来年春に発売
米Yahoo、Flickrの公式Androidアプリを公開
SamsungとGoogle、10月11日に米国サンディエゴでプレスイベントを開催、Ice Cream SandwichとNexus Primeを発表か?

juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。