ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

インターンシップを通して自分の夢を再確認! ― 私たちの留学Days オーストラリア編 最終回

DATE:
  • ガジェット通信を≫

大学に入ったら一度は体験してみたい!と思う人も多い海外留学。そんな留学生活のリアルを、実際に海外の大学に通う先輩留学生たちがレポート! 現地の大学の授業や生活を知って、ぜひ留学を考える際の参考に。

第25回 留学×インターンシップ

インターンシップを通して自分の夢を再確認!

3月から大学で新たな学期が始まり、慌ただしい毎日を送っています。今学期の授業のひとつにインターンシップがあります。これは、ある企業で無賃金で働くことで単位を取得することができるというものです。私の場合は、将来就きたいと思っているマスコミ関連の仕事での経験を積むため、いくつかの企業のインターンシップに参加しました。

「ラジオでMC、そして原稿作成をお手伝い!!」

ブリスベンにある50か国語の番組を放送するコミュニティーラジオに参加し、オーストラリアのリスナーに情報をお届けしています。自分の声がラジオを通してみなさんの耳に届いていると思うと、感無量でした!

「新聞社の冊子を作成。記者と編集の仕事を体験しました」

また、以前にも書きましたが、オーストラリアで一番大きな新聞社で、一つの冊子の作成を任せていただきました。自分で制作した冊子が町中に約半年置かれました。

「誰かに情報を届ける仕事」に将来就きたい私にとって、これらのインターンシップはなくてはならない貴重な経験になり、そしてこちらの「留学Days オーストラリア編」の連載をさせていただいたことで、自分の夢を再確認することができました。

このように海外の大学に進学してもインターンシップ(企業体験)をすることは可能ですので、日本の就職活動の礎にもなると思います。日本での就職活動が不利になるという理由から海外留学に戸惑っている方も、夢を実現させるのに場所は関係ありません! いかに自分が夢を叶えたいと強く思うかです。

約一年間こちらのページを見て下さり誠にありがとうございました。拙い文章だったと思いますが、少しでも多くの方に海外生活の楽しさ、そして大変さなどを知っていただければうれしいです。

I wish all the best for YOU!!

今月のワンフレーズ

“ If you can dream it, you can do it! ”

「夢を見ることが出来れば、それは実現できる!」

あのウォルト・ディズニーの名言です。もし悩んでいる友人がいたら、ぜひこの言葉を掛けてあげてください!

プロフィール

めぐ

オーストラリアのグリフィス大学に通っている20歳の女子大学生。大学での専攻はMedia & Communicationで、将来は世界中を回るスポーツジャーナリストになることを目標に勉強中。

バックナンバー 第24回 日本に帰ってくる大事な3つの目的(3月11日up) 第23回 留学先選びのコツは、その国との相性の見極め!(2月26日up) 第22回 ゴールドコーストはテーマパークの宝庫!(2月12日up)

バックナンバーをもっと見る

関連記事リンク(外部サイト)

<新潟出身ワセジョ体験談>1人暮らしの苦労と工夫、~生活編~<みんツイ研> 
原田 祐妃(日本大学)【先輩SNAP-毎週様々な大学の先輩たちを紹介!-】
経験は財産! ― 私たちの留学Days イギリス編 最終回

スタディサプリ放課後版の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP